スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧皇族の皇籍復帰等の方策~皇室典範有識者会議の見解 #女性宮家

(補論)旧皇族の皇籍復帰等の方策〔参考16〕
 男系男子という要件を維持しようとする観点から、そのための当面の方法として、昭和22年に皇籍を離れたいわゆる旧皇族やその男系男子子孫を皇族とする方策を主張する見解があるが、これについては、上に述べた、男系男子による安定的な皇位継承自体が困難になっているという問題に加え、以下のように、国民の理解と支持、安定性、伝統のいずれの視点から見ても問題点があり、採用することは極めて困難である。

・旧皇族は、既に60年近く一般国民として過ごしており、また、今上天皇との共通の祖先は約600年前の室町時代までさかのぼる遠い血筋の方々であることを考えると、これらの方々を広く国民が皇族として受け入れることができるか懸念される。皇族として親しまれていることが過去のどの時代よりも重要な意味を持つ象徴天皇の制度の下では、このような方策につき国民の理解と支持を得ることは難しいと考えられる。
2012年現在で65年

・皇籍への復帰・編入を行う場合、当事者の意思を尊重する必要があるため、この方策によって実際に皇位継承資格者の存在が確保されるのか、また、確保されるとしてそれが何人程度になるのか、といった問題は、最終的には個々の当事者の意思に依存することとなり、不安定さを内包するものである。このことは、見方を変えれば、制度の運用如何によっては、皇族となることを当事者に事実上強制したり、当事者以外の第三者が影響を及ぼしたりすることになりかねないことを意味するものである。

いったん皇族の身分を離れた者が再度皇族となったり、もともと皇族でなかった者が皇族になったりすることは、これまでの歴史の中で極めて異例なことであり、さらにそのような者が皇位に即いたのは平安時代の二例しかない(この二例は、短期間の皇籍離脱であり、また、天皇の近親者(皇子)であった点などで、いわゆる旧皇族の事例とは異なる。)。これは、皇族と国民の身分を厳格に峻別することにより、皇族の身分等をめぐる各種の混乱が生じることを避けるという実質的な意味を持つ伝統であり、この点には現在でも十分な配慮が必要である。〔参考17〕



『勿論自ら皇籍復帰を希望する者はいませんが』竹田恒泰


参考資料の16と17についてもご参照ください。

続きを読む

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

皇室には氏なしの意義~日本の皇室に #易姓革命 は起こらない~田中卓教授の解説 #女性宮家

 男系固執派のもっとも問題視し、強く憂慮するのは、女系の場合、その皇婿に当たるお方が、民間(仮に甲氏とする)から選ばれた場合、その後次第に皇婿の氏が勢力をもって甲王朝が成立する可能性が大きいという点である。そしてこの場合は、いわば易姓革命にあたり、二千年の皇統の変革となり国体の破壊に繋がるというのである。しかしそれは全くの杞憂である。なぜなら、皇室には氏が無く、皇室に入られた方はその時点で同時に氏(甲氏)が消えるのであるから、甲王朝など生ずるわけが無い。
 この点、国史の碩学黒板勝美博士も「国史の研究」の中で次のように述べられている。
『皇室の絶対であらせられるを示すものは実は氏姓が無いという事実でも証明せられる。故にもし閥族が起って皇室と国民との間に介在すればわが国家は衰えてくるのであり、之を打破せんとするのが、また実に国民の精神となって現れているのである、それが六百年の武家政治の殻を破って明治維新の大業をなし得るに至った所以でもある。』
(「姓」についての解釈は時代により複雑なので以下は省略し現代風に「氏」のみに改めて叙述する)
 この”皇室に氏なし”ということが何故重要かというと、日本国家の成立史上で氏の発生する時期は未だ明確ではないが、私は三世紀頃と推定している。それまでは各地方に”小さなクニ”(地域)が散在していたであろうが、その場合、域内の各個人には何らかの氏名がついていても、その首長は”キミ”(君・公)のみを通称とし、氏は無かった。無くても通用したからである(例えば一つの教室において教師を呼ぶのに「○○先生」と○○の氏名をつけなくても「先生」だけで通用するのと同じである。大和のミワ地方で「大神神社」と書いて「ミワ神社」と読むのと同様で”大神”といえば三輪山に鎮座される神に決まっていたからである。)しかし”小さなクニ”が次第に統合されて大規模になると、その”小さなクニ”の首長も氏が無いと呼び分けられなくなる。これらの大豪族の氏(出雲氏物部氏など)は、そのようにして自然に発生ないし彼らを統一した大首長から賜与されたのである。ところが統一した側の大首長のみは、当然氏姓が無くともオオキミ(大公・大君)で通る。これがのちの「天皇」であるから、皇室に氏なし、ということになるのである。これを不思議に思ったのがシナの随の王、文帝である。隋書の倭国伝によると、開皇20年(600)の条に「倭王あり、姓は阿毎(あめ)、字は多利思比弧(たりしひこ)」と見えるが、これは日本の神代史に「天……」という神名が多いので、彼の側で「天」(阿毎)をシナの「姓」と誤解したのであろう。面白い話ではないか。それ故、皇室に氏が無いということは、わが国で氏の発生する以前から天皇が大首長であったことの証明となり、日本国体の比類無き光輝である。
 尤も現代は、いかなる民間人でも、皇室に入ると皇家同様に氏が消えるといってもなかなか理解しにくいと思われる。そこで既述の『皇統譜』で幕末の数代の天皇の場合の実例を確認してみよう。
「後桃園院天皇」の条---「女御 維子」
「光格天皇」の条---「中宮 欣子内親王」
「仁孝天皇」の条---「女御 祺子」
「孝明天皇」の条---「女御 夙子」
とあって、「女御」「中宮」として外から入られたお方の出生の氏はどこにも書かれていない(女性ばかりだが、男性は従来例を見ないのでやむを得ない。しかし道理としては男女平等に考えても差し支えあるまい)。”天皇に私なし”とよく言われるが、この場合は”皇家に氏なし”ということなのである。現代風に言えば個人の戸籍が消えて”無”(零)になるのである。それをさらにわかりやすくいえば、結婚を男女の”掛け算”とみた場合、皇室を零と考えればよい。女系のお相手がA氏でもB氏でも氏が消えるというのは”拾”でも”百”でも”零”を掛ければ皆”零”になるのと同じ論理である。皇室という無限の天地”無の世界”に吸い込まれると考えれば理解しやすいであろう。”易姓革命”というが、皇室にはもともと”氏姓”がないのだから易えられようがないではないか。ただA氏B氏の氏が消えるだけのことだ。シナの易姓革命とは次元も概念も異にする。
(わしズムvol.30「女系天皇公認の歴史的正当性」田中卓皇學館大学名誉教授)

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

#万世一系 とは 教育勅語ご進講より #女性宮家

『朕とは単数にして秦の始皇帝始めてこの文字を以て、君主が自らを呼ぶ語として使用せり。これより後、天皇は自らを称して朕と宣う。されば、朕と称しえらるるものは一国に一人を限りとし複数を許さざるものとす。
しかるにその文字の本場たるシナにおいては、天子は常に替わりて一定せず、臣にして君となるあり、外人の侵入し来りて天子となるあり、一時に数君の対立するあり、君臣の分(君王と臣民の関係)定まざれば、朕なる文字の意義成立せず。
真に朕なる意義を持ってご自身を称し得させ給うは、ただ日本国あるのみ。我が邦は開闢(開始)以来、君臣の分定まり、万世一系の天皇、これに君臨し給う。』
「教育勅語」ご進講第一回 昭和天皇の学ばれた教育勅語(杉浦重剛著、所功解説)より

万世一系とはシナのように天子が常に替わるのではなく、日本のように代々天皇の近親者が天皇としてつないできたことを意味するのである。「万世男系」などという意味では決して無い。

万世一系について http://togetter.com/li/387134

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

三笠宮崇仁親王殿下による大嘗祭の解説

日本の皇位継承の諸儀式の中で最も重要なのが「おほにへのまつり」(大嘗祭)である…神人共食儀礼といわれている。…しかしそれだけではない。…この祭りでは…第一の神座は、ほのににごのみこと、つまり、穀霊が天から下るドラマの舞台だったと考えられるが…穀霊だけとは言えない。神話で「ほのににぎのみこと」の子孫が日本の天皇となっているから、そこには祖霊が加わっていると見なすべきであり、…新帝がそれを身につけることこそ即位の諸儀礼の中で最も重要だったに違いない。…大嘗祭で授かった霊力は毎年行われる同様の儀礼「にほなめのまつり」(新嘗祭)によって更新された。…大嘗祭または新嘗祭は五穀豊穣の原動力と考えられた天皇の霊力の継承又は更新であったから、単に皇室だけの祭儀では無く、むしろ全国農民の悲願実現のための農耕儀礼であったのである。
(三笠宮崇仁親王殿下「別冊歴史読本 図説天皇の即位礼と大嘗祭」より)

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

産経新聞が何いってるのかわからない

今朝の産経朝刊より

『もともと皇族は選挙権・被選挙権を行使できず、政治的活動や営利事業も認められていない。戸籍は持たない一方で住民税は支払わなくてはならないなど、初めから一般国民とは異なる例外的存在として扱われてきた。そのような現状は容認しながら、婚姻後のあり方については急に「法の下の平等」を振りかざすことには違和感を覚える。婚姻後は国家公務員となることは、「皇族という特別な身分」とどう結びつくのか。』

もともと皇族なんだから、皇族の身分を失っても国民として扱わなくても言い、と言いたいのかな?産経新聞はw

ようするに一般国民に尊称を与えることも国家公務員としてもだめ、ってことならやっぱり皇族のままで皇室を支えていただくしか無いんじゃ無いの?




女性宮家に関する論点整理(要旨)
2012.10.6 00:07 (2/2ページ)
 【具体的な方策】

 ▽女性皇族が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案(I案)

 <A案>配偶者や子に皇族の身分を付与。子は婚姻により皇族の身分を離れる。家族が全て皇族であり、制度として簡明であるが、歴史上の前例はない。範囲は内親王に限定。

 <B案>配偶者や子に皇族の身分を付与しない。家族内で身分に違いが生じることから、戸籍や夫婦の氏の取り扱い、家族間における財産の授受、宮内庁の補佐体制の在り方などについて適切な措置が必要。範囲は内親王に限定。

 ▽女性皇族が皇籍離脱後も皇室活動を支援していただくことを可能にする案(II案)

 皇室典範改正による称号の付与は困難。女性皇族は皇族の身分を離れるが、国家公務員として公的な立場を保持し、皇室活動を支援。その際、「皇室輔(ふ)佐(さ)」や「皇室特使」などの新たな称号をご沙汰により賜ることは考えられないことではない。範囲は内親王に限定。皇族ではないため、摂政就任資格はなく、国事行為の代行もできず、皇族数の減少に歯止めをかけることはできない。

 【まとめ】

 象徴天皇制度の下で、皇族数の減少にも一定の歯止めをかけ、皇室活動の維持を確かなものとするためにはI案について検討を進めるべきだが、I-A案、I-B案にはそれぞれ長所、短所があり、さらなる検討が必要。いわゆる尊称保持案は実施困難だが、II案についても併せて検討を進めることが必要だ。

 【終わりに】

 政府においては今後、論点整理についての国民各層の議論を踏まえながら検討を進める。安定的な皇位継承の維持は、国家の基本に関わる事項であり、国民各層のさまざまな議論も十分に踏まえ、引き続き検討していくことが必要だ。

テーマ : その他
ジャンル : その他

伊勢神宮臨時祭主に黒田清子さん 天皇家の長女

北海道新聞 2012/05/07 16:46

伊勢神宮(三重県伊勢市)は7日、祭祀をつかさどる臨時神宮祭主に、天皇家の長女黒田清子さん(43)が4月26日付で就任したと発表した。

 現在は天皇陛下の姉の池田厚子さん(81)が神宮祭主を務めており、黒田さんは池田さんを補佐する。黒田さんは5月中にも臨時祭主就任の参拝で、伊勢神宮を訪れる予定。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/370430.html

伊勢神宮の祭主が女性なのに、どうして女性宮家がダメなのでしょうか?
過去に八方十代の女帝が存在したのに、どうして女性宮家がダメなのでしょうか?
もはや皇統断絶を目論むシナの工作と思えてなりません。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

男系でなければいけない理由 櫻井よしこ、大原康男

皇位継承の危機未だ去らずより

櫻井よしこ)天皇はなぜ男系でなければいけないのか。これは男女平等が唱えられている現代の国民にとっては非情に納得しにくい点だと思いますので、その観点からちょっとお話をしてみます。
大変失礼な言い方になりますが、天皇や皇室について考えてみると、その権威は知識の豊富さや外見の良さに由来するものでは無いと思うのですね。そうではなくて、私たちの先輩世代たちが認めてきたお血筋を伝えているということ、万世一系の血筋であるというのが、みんなが一番納得する理由だろうと思います。それが、女性天皇や女性宮家当主の配偶者になられる方のお血筋で続いていったときには、万世一系のお血筋が途絶えてしまい、お生まれが良くてお育ちが良いというだけの御存在になってしまうのではないか。そうすると、一般庶民の良家とどう違うのか、と言うことになりかねない。そうした場合に、その方たちを現在の皇室の御存在のように敬愛し、国民統合の象徴としての求心力を求めると言うことはあり得ないだろうと思われるんですね。
つまり、皇室は、やはり庶民とは違う存在であることを認めなければならないのであり、この違いをキチンと守っていくことが、百年か二百年に一度の国家の危機の際に求心力を発揮しうる天皇の御存在につながるのではないか。そして、なによりも、古代日本の時代から、私たちのご先祖がそのことを尊んできたことを大事にしたいと思います。
茂木貞純)まさに権威の源である、男系男子による皇位継承の原則を変えると言うことは革命的な変化であると言うことですね。
大原康男)繰り返しますが、途中で女性天皇という例外的存在はあったものの、とにかく男系男子でずっと維持されてきたという長い歴史こそが、国民統合の権威の源なのです。この歴史の重みというものを前にしては、男系で無ければならない理由を遺伝子学などを使って科学的に説明するよりも、そのことが日本人のいわば集合的無意識としてずっと伝わってきたことを尊重する心が大事なんですね。
皇室典範が改められ、将来、女性天皇が即位された場合、これまでの女性天皇と違って、当然、ご結婚という問題が持ち上がり、女性天皇の配偶者が登場する。その配偶者との間のお子様が皇位を継がれれば、そのお方が男子でも女子でも女系の天皇となるわけですが、これは我が国がいまだかつて体験したことのない事態です。そのようなことを想像してみると、皇位継承は、民間の良家や名家の跡継ぎ問題とは根底から違うことがわかるでしょう。

以上、引用終わり

ようするに、男系だからこそ権威があるのだと、男系でなくなれば庶民の良家と違いが無くなり求心力など無くなると、そういうことですか。あほか。
そんなら竹田は陛下と同じ権威を持っていると?シナの庶民に至っては陛下以上の権威を持っていると?

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

皇室の誕生率 男系継承は可能なのか? #女性宮家

ここでは「誕生率」を、皇族男子一人(1家)にお生まれになるお子様の人数と定義します。
一夫一婦制の男系継承である現皇室においては、合計特殊出生率(2009年には1.37)と比較できる指標であると考えます。

皇室の構成図
http://www.kunaicho.go.jp/about/kosei/koseizu.html

●昭和天皇の御代(大正天皇の男子)
昭和天皇 7人うち2人男子(今上天皇、常陸宮)
秩父宮雍仁親王 0人
高松宮宣仁親王 0人
三笠宮崇仁親王 5人うち3人男子(寛仁親王、桂宮、高円宮)
4家で12人うち5人男子 誕生率は1家あたり3人 男子誕生率は41.6%
宮家3家で5人

●今上天皇の御代
今上天皇 3人うち2人男子(皇太子、秋篠宮)
常陸宮正仁親王 0人
寛仁親王 2人うち0人男子
桂宮宜仁親王 0人(独身)
高円宮憲仁親王 3人うち0人男子
5家で8人うち2人男子 誕生率は1家あたり0.6人 男子誕生率は25%
宮家4家で5人

●皇太子殿下の御代
皇太子殿下 1人うち0人男子
秋篠宮殿下 3人うち1人男子(悠仁親王)
2家で4人うち1人男子 誕生率は1家あたり2人 男子誕生率は25%
宮家1家で3人

トータルで11家24人うち8人男子 誕生率は2.18人/家
宮家だけに限れば8家で13人 誕生率は1.6人/家

今上天皇の御代以降だけをみれば、
7家12人うち3人男子 誕生率は1.7人/家 男子誕生率は25%

誕生率は低下傾向にある。この現実から目をそらしてはいけない。
これが2を超えないと男系継承なら断絶するのは時間の問題です。
確率的に半分は女子なのですから。

たとえ2を超えていても、女子が九人も続けて生まれるとたちまち皇統断絶になるのです。
皇位継承資格を女系にも拡大すればこの問題は一挙に解決します。

ちなみに、旧宮家系子孫の国民男子に皇籍取得させても、現在の皇族と同じ事が起こることは自明です。
自由恋愛、できちゃった婚などが可能な一般国民である現在ですら、旧11宮家のうちたった60年で多くの宮家が断絶したのですから。

続きを読む

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

藤村官房長官、天皇の「男系」と「女系」の違い聞かれ答弁に詰まる

フジテレビ系(FNN) 3月12日(月)19時21分配信
藤村官房長官が国会で、天皇の「男系」と「女系」の違いを聞かれ、答弁に詰まり、しどろもどろになる場面があった。
藤村官房長官は「男系というのは、天皇の直系で、男子ということだと思います」と答弁した。
すると、自民党の有村治子議員から、「全く違いますよ!」と追及され、藤村官房長官は「女系は...、女性の天皇の子であっても、その女性の子は...あの。あ、違う違う、えーとですね...」と、しどろもどろになった。
藤村官房長官は、天皇と男性のみで血統がつながる「男系天皇」と、そうでない「女系天皇」の違いを答えられず、審議が一時中断した。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120312-00000061-fnn-pol

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

寛仁親王家長女・彬子さま:「女性宮家」早い決着を

 政府が検討作業に入った「女性宮家問題」などに関し、寛仁親王家の長女彬子(あきこ)女王殿下(30)が毎日新聞の単独インタビューに応じ、「お国の決定に任せるしかないが、決めるのであれば早く決めていただきたい」などと思いを語った。彬子さまは未婚の女性皇族8人のうち最年長で、皇族がこの問題について考えを示したのは初めて。

 彬子さまは、日本美術史を専攻し、英国オックスフォード大で女性皇族としては初めて博士号を取得。現在、立命館大衣笠総合研究機構でポストドクトラルフェロー(博士研究員)を務めている。

 皇室典範は、女性皇族は皇族以外と結婚した場合、皇族の身分を離れると規定しており、このままでは皇族が極端に減ってしまうため、野田政権は年明けと共に、結婚後も皇族にとどまる女性宮家制度の本格的な検討を始めた。

 彬子さまはインタビューで、国(政府・国会)に任せるしかないと政治的発言に関し控える姿勢を示しつつ、戦後に皇族の身分から離れた旧皇族の復帰案もあることを指摘。「今の議論は女性宮家を創設するかしないか(のみ)になっているような気がして、そこには違和感がある」と戸惑いを語った。

 また、結婚して民間人になるという前提で教育されてきたことを挙げ、「その前提が大きく変わるかもしれないというので、私自身落ち着かない状態です」と心境を吐露した。そして、結婚適齢期の女性皇族が増えることに関し「お相手の方の将来にも関わってくる問題です」として女性宮家問題の早期決着を望んだ

 一方、皇室の将来については「国民のみなさまが皇室をどのように見ておられるか」「国民のみなさまが残したいと思われているか」にかかっているとし、自身が結婚後も皇族にとどまることについては「結婚後も公務をすることに抵抗はありません」と語った。【大久保和夫、川崎桂吾】

 ◇解説 将来設計を左右 十分な考慮を
 政府が改正を検討する皇室典範は、対象を広く一般化した他の法律とは違い、天皇陛下と皇族の23人の立場などを規定したものだ。

 女性宮家制度は、独身女性皇族の今後の生き方や将来設計を直接左右する。典範の改正時期によっては「姉が一般人なのに妹は結婚しても皇族」という差が出る恐れもある。宮家を作る女性皇族の範囲をどうするかという問題もある。

 皇族は選挙権もなく、政治的言動は控えており、彬子さまも質問ごとに熟慮しながら、国の決定に任せるしかないと自らの立場を強調した。制度上は「意向の確認・反映」が必要事項ではないとしても、典範改正に際しては「若い女性たちの人生を変える」という事実を踏まえた十分な考慮が必要だ。

 一方で、国民の理解も欠かせない。2月からの有識者ヒアリングについては、国民に皇室の課題について理解を深めてもらうためにもオープンにして判断の素材を提供すべきだろう。【大久保和夫】

http://mainichi.jp/photo/archive/news/2012/01/07/20120107k0000m040108000c.html

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

「継嗣令」 女帝の存在公認

我が国は、大和時代から中国の王朝を模範として国作りを進めてきた。
そのため、朝廷も豪族たちも中国で父系血縁を絶対視する「宗族」制度の影響を受け、皇統も父系の男子が継ぐべきものとする習慣的な原則がかなり早くからできていたとみられる。
ところが、それにも関わらず8世紀初めに完成施行された「大宝令」「養老令」の「継嗣令」には、「およそ皇兄弟と皇子、皆、親王となす(女帝の子もまた同じ)。以外は諸王となす。」と規定されている。
すなわち、天皇は男帝が原則であり、1親等の兄弟(姉妹)と皇子(皇女)たちだけが親王(内親王)、それ以外の2親等以下(4親等まで)は諸王(女王)として「皇親」(皇族)と認める(五世の王は皇親に入らない)、と本文に定めた上で、原注に「女帝のこの場合も同じ」だというのである。
この原注については、2通りの解釈ができる。
その一つは、たとえば女帝が即位前に諸王と結婚して産んだ子を、即位後に王から親王に格上げして女帝の子と同様に扱うとみる説。
もう一つは、女帝が即位後に親王や諸王と結婚して産んだ子を、男帝の子と同様に親王として扱うとみる説である。
そのいずれにせよ、大宝元年(701)から明治初年まで千百年以上にわたり最高級の国家法とされてきた法令の原注に「女帝」の存在が公認されているのであって、その法制史的な意味は大きい。

所功「皇位継承のあり方」より

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。