「おまえの求める”根拠”なんか俺は説明するつもりは無い!結論だけ言わせろ!」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1178548606
shpfive氏

これが最後の回答です
日本学術会議に参加している「学会」において「南京虐殺否定説」なるものが提出され、一つの説として認められるなら、私は、すぐにでも主張は取り消します。
当然「そこに所属する歴史学者の方々」も、それを認めた事になるわけです。
「日中共同研究」における我が国の見解が、現時点での「定説」です。


彼は『南京大虐殺(南京事件)』の質問の時、必ずと言って良いほど現れますが、
「定説です」と答えるだけで【絶対に】「何を根拠に何があったのか」示しません。
なんかそういう新興宗教ありましたよね?(笑)

そんな彼をわたしはブラックリスト登録していますが、そのことについて批難されたこともあります。
彼のファイナルアンサーだったはずですけどね(笑

shpfiveいわく
『少なくとも「南京事件」は「歴史的事実」です。』
『実は「虐殺」は存在しないなどという説はもとより、数百人説などという「学術的に根拠のない」ものは採用されておりません。』
『事件はなかった、あるいは数百人規模であるとの見解は「歴史学」において否定されています。』

このようにまるでカルト信者が念仏を唱えるようにただただ結論唱えるだけで、学術的な論証はまったく示しません。

「学会で定説」とかいうのなら、かならず根拠となる資料とそれから導かれる史実が明確にされているはずですが、そういうものを全く抜きにして、「日中歴史共同研究」という政治的妥協の産物を絶対視する彼は、まさに学問の自由・言論の自由の存在しない中国人民の発言のようです。

彼らにとっては言論とは中国共産党の政治そのものですからね。
政治と相反する学問など存在し得ないのです。
本当の学問を知らないかわいそうな運命の下に生まれた人なのかもしれません。

red_spi99
彼も同様です。

彼らは、私の質問「何を根拠に何があったのか」絶対に答えないくせに、BL登録を批難しますが、

「おまえの求める”根拠”なんか俺は説明するつもりは無い!結論だけ言わせろ!」

というとても迷惑な人たちです。
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR