スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス室否定発言で罰金刑 独裁判所、元司教に ナチスのホロコースト

2013.1.17 11:20
 ドイツ南部レーゲンスブルクの裁判所は16日、ナチスのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)に絡み、ガス室の存在を否定した元司教の英国人リチャード・ウィリアムソン被告(72)に対し、1800ユーロ(約21万円)の罰金支払いを命じた。ドイツのメディアが報じた。

 ドイツではホロコーストの否定は刑法で禁じられている。被告はスウェーデンのテレビのインタビューで発言したが、収録場所がドイツ国内だったため起訴された。被告は2008年11月に行われたインタビューで、ガス室はなかったと主張。さらに約600万人とされるユダヤ人犠牲者数は20万~30万人程度だとの持論を展開した。

 被告はカトリックの超保守派グループに属し、バチカンの命令に従わず破門されたが、09年1月に解除された。その後、発言が明らかになり、法王ベネディクト16世が解除は誤りだったと認める異例の事態になった。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130117/erp13011711220000-n1.htm

ナチス時代肯定42% オーストリア世論調査、内外に波紋
2013.3.12 08:26 [欧州]
 ナチス・ドイツによるオーストリア併合75年に合わせ、オーストリアの世論調査機関が実施した調査で、ナチスのヒトラー支配下の時代について「全てが悪かったわけではない」と考える国民が42%に上った。オーストリア紙スタンダードが伝えた。

 オーストリアはナチズムを掲げる組織の設立や支援のほか、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の否定や正当化を法律で禁じている。調査結果はドイツ誌シュテルンが「ショック」と報じるなど、国内外で波紋を広げている。

 世論調査は16歳以上の有権者502人を対象に実施。「ナチス禁止の法律がなかったら、ナチスは思想が受け入れられ選挙で成功すると思うか」との問いに54%が「かなり可能性が高い」と答えた。「オーストリアに強い指導者が必要」と回答したのは年齢の高い層を中心に61%に達した。2008年の同様の調査では約20%だった。

 ヒトラーはオーストリアのブラウナウ出身。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130312/erp13031208270002-n1.htm



ヒトラー亡命報道を否定、GHQに日本側
2013.3.7 17:45 [外交]

 終戦直後、ナチス・ドイツ総統のヒトラーが日本への脱出を計画していたとの情報が米紙などで報じられたのを受け、日本政府が連合国側に関与を否定していたことが7日公開の外交文書で分かった。

 連合国との連絡窓口、終戦連絡中央事務局が連合国軍総司令部(GHQ)側に宛てた1945年10月21日付文書によると、米軍関係紙が同19日、「ヒトラーが日本への脱出を計画したと日本人が証言」などと報じた。

 これに対し、同事務局は「日本政府は海軍も含め、ヒトラーや(愛人の)ブラウンという名の女性をドイツから救出するいかなる計画にも関与したことはなく、日本の潜水艦がこの目的のためにドイツに派遣されたこともない」と否定した。

 ヒトラーは45年4月、ドイツの敗戦が濃厚になる中、エバ・ブラウンと共に自殺した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130307/plc13030717460016-n1.htm

元ナチス親衛隊の91歳男起訴 68年前にオランダ人銃殺
2012.11.27 09:45
 ドイツ西部ドルトムントの検察当局は26日、第2次大戦中だった68年前、ナチスに対するレジスタンス(抵抗運動)に参加したオランダ人男性を銃殺したとして、殺人罪で元ナチス親衛隊(SS)メンバーの男(91)を起訴した。

 AP通信によると、起訴されたのはオランダ生まれのドイツ人ジールト・ブルインス被告。1944年9月、当時ナチスの占領下にあったオランダ北部フローニンゲン近郊で、同僚と共に男性を逮捕し、直後に銃殺したとされる。

 ブルインス被告はユダヤ系オランダ人2人の殺害を手助けした罪で、80年に有罪判決を受け、服役した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121127/erp12112709470002-n1.htm


ナチス政権下、半数が党員 ウィーン・フィル楽団
2013.3.13 08:02
 オーストリアのウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、過去のナチス・ドイツとの関係を調査した初の報告書を発表、ナチス政権下の1942年時点で楽団員123人のうち、少なくとも半数近くの60人がナチス党員だったことを明らかにした。ナチス・ドイツによるオーストリア併合75年に合わせて発表された。

 執筆したウィーン大学のラートコルプ教授によると、ナチスが政権に就いていたドイツのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団では党員が約18%にとどまっており、当時ナチスの宣伝組織として利用されたウィーン・フィルとナチスのつながりが印象づけられた。

 報告書は38年のオーストリア併合後、ユダヤ人の楽団員13人が追放されたと記述。既に引退していたユダヤ人楽団員3人を含め16人中、7人が強制収容所などで死亡し、楽団のユダヤ人排斥の実態も示した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130313/erp13031308050004-n1.htm


新たに生存者8万人に補償金 ホロコーストでドイツ
2012.11.16 14:46
 ドイツ財務省は15日、第2次大戦中にナチスが実行したホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の生存者で、これまで補償を受けていなかった人に対し、ユダヤ人団体の基金を通じ1人当たり2556ユーロ(約26万5千円)を支払うと発表した。対象は東欧など旧共産圏の居住者を中心に約8万人になるとみられる。

 また強制収容所やゲットーに入れられた旧共産圏居住者に支払っている年金を月200~260ユーロから300ユーロに引き上げる。ショイブレ財務相と「ユダヤ人請求会議」の代表が同日、ベルリンで協定書に署名した。

 西ドイツ(当時)は1952年、イスラエルとユダヤ人請求会議の間で、ナチスの戦争犯罪の被害者に対する補償を定めた協定を締結。東西ドイツ統一後の92年には、補償の対象を旧共産圏居住者にも拡大した。しかし、政治的な混乱などから受け取れなかった人も多く、救済に向けた交渉が進められていた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121116/erp12111614470003-n1.htm
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。