スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのとき南京で何が起こったのか?

南京大虐殺については人口の推移とかスマイスの調査結果とか、反証はたくさんありますが、虐殺の証拠がありません。

1.紅卍会の埋葬記録(約4万3千体)には女子供は皆無に近い。
2.数千の便衣兵が安全区に紛れ込んだが国際委員会は何らのチェックもせず入場させた
3.中国兵は訓練も足りず規律も良くないから不祥事が起こるかもしれない、と司令長官唐生智は南京陥落前、外国人記者会見で語っていた。
4.日本軍からの降伏勧告に応じなかった。(返答しないまま司令長官は逃げ去った)
5.陸戦条約によって便衣兵は捕虜としての待遇を受けられない、したがって処刑されてもやむを得ない。よって兵士や便衣兵の死者は大虐殺の中に数えるべきではない。それは戦闘行為であり、または陸戦条約違反の処刑である
6.昭和60年に崇善堂の死体埋葬11万は捏造であったことがわかっている。産経新聞S60.8.10
7.中国軍はおよそ5万人の兵力であった。
8.紅卍会の埋葬記録でさえ作業代ほしさに埋葬数を水増ししたとされる。(作業代は日本軍と国際委員会が支払った。)
9.中国側は督戦隊・清野作戦・便衣兵という非道な作戦を使っていた。
10.漢奸狩りという日本人や親日的シナ人をスパイ容疑で公開処刑やさらし首にするなど民間人虐殺を行っていた。

訓練も足りず規律も良くない中国軍が司令官を失い南京に大混乱がおこったことは推測に難くありません。これら事実を総合すると、結局、中国側の主張はプロパガンダではないでしょうか?

韓国軍がベトナムで虐殺強姦した結果、ライタイハンが少なくとも5000人もいることと比較してみてください。いったい何人の日本人ハーフが生まれたのでしょうか?
大量殺人があったとしても、そのほとんどは戦闘行為もしくは、便衣兵の処刑、中国側督戦隊による銃殺、中国兵が平服を奪うための民間人殺害、これらを日本側の責任と言えるのでしょうか?

秦郁彦が言う上限4万人説と紅卍会の埋葬記録約4万3千体?ですが、これは中国兵5万人の約8割に相当する数です。

これらの事実を踏まえて、あなたはどう考えますか?

督戦隊(とくせんたい)とは、軍隊において、自軍部隊を後方より監視し、自軍兵士が命令無しに勝手に戦闘から退却(敵前逃亡)或いは降伏する様な行動を採れば攻撃を加え、強制的に戦闘を続行させる任務を持った部隊のことである。兵士の士気を上げる為の手段であり、司令官が「死守」を命じると兵士は文字通り死ぬまで戦うことになる。

参考)
もちろん3百万もの人間が戦えば(3百万とは大げさだが、理論的にはいくつもの集団が集まって戦闘に参加するのだからこういう数字になる)、多くの死者が出る。ところが兵隊の死者はごく少ない。ほとんどは戦場となった地域の住民である。しかもほとんどが餓死である。米粒一つ残らず「友軍」に奪われるからである。
(暗黒大陸中国の真実/ラルフ・タウンゼント)


南京安全区の避難民の様子


>>>南京攻防戦の概要:南京放棄論を拒否し、堅壁清野作戦を命じた蒋介石
>>>宋希濂の回想録 長江沿い下関の大量死体は同士討ちだった
>>>中国軍が去って、南京市民に平和が訪れた
スポンサーサイト

テーマ : 歴史認識
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。