学会で定説、ってどこの学会のどんな論文が定説なの?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1385920333
質問者 asdfrewardhabidさん
『日本学術会議で南京事件について、何かの結論を出したのでしょうか?あるいは、いずれかの学会で、南京事件について、何かの結論を出したのでしょうか?そうであれば、ぜひ、議事録を拝見したいものです。』

南京事件肯定派shpfive
『普通に考えるなら
「日本南京学会」そのものが日本学術会議に参加する
または
「南京事件なかった説」を主張する方が、「公論」としてしかるべき学会等に論文を発表し、評価を受ける
この二通りの手順が、いわゆる「南京事件なかった説」が「公の議論」として世間に認められる早道かと思います。
現在、日本政府の見解はもとより、「日中共同研究」においても、「南京事件」については2~20万人の虐殺があった、とされており、それに対して異議を唱えるなら、少なくとも「公論」として主張するのでなければ無意味です。
以上、おしまい(笑)。』

全然答えになってない。(笑



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10103106875
『実は存在しないなどという説はもとより、数百人説などという「学術的に根拠のない」ものは採用されておりません。「仮にこれを覆すというなら学会での検証に耐えうるだけの仮説を用意する必要があります。」事件はなかった、あるいは数百人規模であるとの見解は「歴史学者」のすべてが否定しています。「なかった」という主張は「俗説」です。この状態から、仮に事件は「なかった」と主張するのであれば、それなりの内容を「公論」として提出する必要はあります。具体的には「学術論文」等を日本学術会議に参加する「歴史学会」に提出して評価を受ける、といった方法があります。』

彼の言う、学会、ってなんなのでしょうか?(笑

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12103868252
『今さらですが「南京事件」の存在を否定する「歴史学者」の方はいらっしゃいますか?』


さて、「南京事件」を検証する資格が「歴史学者」にしかないのでしょうか?

そんなことありませんね。
英語や中国語の一次史料を直接解読できなくても、専門家に翻訳してもらえば良いのですから。

彼の言い分だと、一般市民は歴史を語るな、学者であっても「歴史学者」しか歴史を語るな、
いや、「歴史学者」であっても、政治・外交的に決着がついたものには異議を唱えるな、
ということになります。

「歴史学者の結論を絶対的なものとして無批判に受け入れなければいけない」
とでも言いたいのでしょうか。

とすると、やっぱり、何も根拠が無いと言うことになりますよね。

本当にあったのなら、その歴史学者が「何を根拠に何があったのか?」について論証しているはずですから。

こんなこと言い出していると言うことは、やっぱり誰も「何を根拠に何があったのか?」を説明できないと言うことですね。


虐殺否定派の論客リスト~10万人以上説は”アカ”だらけ
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-853.html

いくら歴史学者とはいえ、致命的な誤訳を多数暴露されている洞氏のようないいかげんな「赤い歴史学者」では意味がありません。


東京裁判史観(自虐史観)を頑なに守ろうとする南京事件肯定派
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-862.html

アフマディネジャド大統領
「歴史的事件は常に見直しと検証と研究の対象になります。」
「なぜこれほど敏感になり、深い研究を禁止するのですか?」
「私はアメリカの政治家やいくつかのメディアに真実を避けたいという感情を感じます」

この言葉を彼に贈ります。


自分の作ったルールに、自分で勝手に縛られてれば?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10104249205


トップへ ”南京大虐殺”のまとめ 責任者は蒋介石・唐生智 日本は無罪
スポンサーサイト

テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR