「戦時国際法上合法説を展開したら原爆投下も合法とせざるを得なくなる」って?

佐藤和男氏『南京事件と戦時国際法』
http://www21.atwiki.jp/nankin1937/pages/16.html
について

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10102254385
red_spi99
『とりあえず、ひとつだけ言うとするなら、佐藤論文の論法を指示するなら、それは日本にも返ってくることを覚悟せねばなりません。原爆投下、東京大空襲、米軍による投降日本兵の虐殺、そういったものを、すべて「合法」と認めることになる。そうでなければダブルスタンダードとなりますから。』

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11102138626
shpfive
『あるいはアメリカによる原爆投下その他も正当化される、という認識でよろしいでしょうか?
(ちなみに小室直樹氏、佐藤和男氏の主張は、それに近い見解ではないか、と批判されています)』


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11112201171
shpfive
『それは当然で、そうした人々の多くは、原爆投下を不当としながら、南京事件について「合法」を主張する、というダブルスタンダードな事をしているからです。』

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10112321475
shpfive
『南京事件の正当化をするなら、当然原爆投下を否定する事はできません。』


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13102017513
shpfive shpfive_2
『これは「是非論」ではありません。だいたい後付けの理屈で正当化していい、というなら「東京裁判」は「事後法」であり、不当だ、などと言うべきではありませんね。(ちなみに私は不当だと思いますけど)』
『さて、まず「幕府山事件」その他による中国側捕虜、投降兵の「裁判抜きの大量処刑」について、国際法上の「解釈」により「合法説」を主張する論者は存在します。しかし、それは同時代に「そのような解釈」が存在していないのであれば、それは「事後法」と言わざるを得ません。』


http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/y1892a4.html
「ゆう」氏
『私は「国際法」にはあまり詳しくありませんのでこの当りの議論には立ち入りません。しかし常識で考えれば、例え「無差別攻撃」を「合法」とする立場からも、必要限度をはるかに超える「無差別攻撃」は許容されない、と考えるのが普通でしょう。
「防守都市」に対する「無差別爆撃」が「合法」であるならば、例えば「広島・長崎原爆」「東京大空襲」も「合法」ということになります。yさん、それでいいんでしょうか? 私は日本人として許せませんけれどね。』

http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/y1892a7.html
「ゆう」氏
『中国軍に「督戦隊」があると、日本軍は中国兵捕虜を殺してもよくなるんでしょうか? あるいは、日本軍内部においては「リンチ、暴力」が日常化していましたが、そうすると日本には、アメリカの「原爆」や「東京大空襲」を批判する資格がなくなるのでしょうか?』

基本的に、バカ、ですよね。

★防守都市で無差別爆撃可能であったにもかかわらず、降伏勧告を無視されたにもかかわらず、無差別爆撃を避け一般市民の被害を最小に留めた日本軍
★無防守都市に対してなんの勧告もせず、一般市民を新型兵器の「人体実験台」のごとく無差別に殺傷した米軍

この違いがわからない、バカ、ですよね。

ハーグ陸戦条約
第25条:防守されていない都市、集落、住宅または建物は、いかなる手段によってもこれを攻撃または砲撃することはできない。


こんな詭弁を使わなければ南京での日本軍の虐殺を論証できないくらいに追い詰められているわけです、彼らは。

もしかして彼らの頭の中では空想が現実になっているのかもしれません(笑
そもそも、原爆は被害者名簿があるのに、南京事件は被害者名簿なんてありませんから(笑

原爆判決 軍事目標主義解説部分抜粋
『そして防守都市 ・防守地域 に対しては 無差別砲撃 が許されているが、無防守都市 ・無防守地域 においては戦闘員及び軍事施設(軍事目標)に対してのみ砲撃が許され、非戦闘員及び非軍事施設(非軍事目標)に対する砲撃は許されず、これに反すれば当然違法な戦闘行為となるとされている。…
広島市及び長崎市が当時地上兵力による占領の企図に対して抵抗していた都市でないことは、公知の事実である。』


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11112201171
shpfive
『(一応、さすがに国際法学者である佐藤和男氏は「南京事件」の合法を主張する一方、原爆投下なども違法とはしていません)』

こいつは読解力が欠落しているのかな?

南京事件と原爆投下は同列に扱われるべきか否か?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10112892980
顛末はこちら↑

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14112667234


トップへ ”南京大虐殺”のまとめ 責任者は蒋介石・唐生智 日本は無罪
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR