スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#谷田川惣 妄言集3 推古天皇当時の事情は汲んでも現在の事情は絶対汲まない思考停止ホシュ #女性宮家

推古天皇の当時の事情は一生懸命理解しようとしますが、晩婚少産側室無しの現代でこのままでは悠仁様がひとり皇室に残されるという前代未聞の事態には一切事情を考慮しようとせず「思考停止するのが保守だ」と言わんばかりです。美智子皇后陛下や雅子妃殿下の苦しみなど想像したことも無いのでしょう。
こんな奴が妃殿下に「産めば良いのです」と一言で片づけるのですから、雅子様バッシングの犯人は誰なのか、容易にわかるというものです。

ちなみに男系で続いてきた理由はあったのです。いまはもう男系でなければいけない理由はありませんが。

なぜ皇統は男系で続いてきたのか?
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n119706

旧皇室典範制定時に、なぜ天皇は男系男子に限定されたのか?
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n112531

以下、谷田川氏のHPより
===========================

Q.はじめての女帝となる推古天皇は、

  男子継承だったそれまでの伝統を破壊したと考えられませんか?

 



伝統というのは、ひたすら墨守した成果ということではなく、その時代その時代において、

先人たちがぎりぎりの判断のなかで取捨選択された結果となります。

推古天皇が即位された経緯は、皇位継承争いが激しく、

推古天皇が即位しなければ収拾がつかないという状況がありました。

推古天皇は安易に伝統を破壊したのではなく、

その時代情勢のなかでぎりぎりの判断があったものと考えられます。


つまり、推古天皇と現代人が同じという考え方ではなく、

推古天皇ら先人たちがぎりぎりの判断のなかで、

取捨選択を繰り返してつくられてきた伝統、

すなわち「先人たちの叡智」を我々は財産として受け継いだということになります。

先人たちが必死の思いで築いてきた伝統を、

我々の世代で安易に変えてしまうことに抵抗を感じるということです。

===========================

以上
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/migihidari8gatukakumei.htm

===========================

Q.どうして男系じゃないとダメなのですか?

  「それが伝統だ」以外の答えを聞いたとこがありません。

  どうして皇室は男系を維持してきたのですか?

  その意味が分からなければ男系に拘る理由が分かりません。

 



「意味が説明できない」と「意味がない」とは別の話です。

意味のないことが二千年続くことは有り得ません。

合理的説明ができるか、できないか、ということでものごとを判断するのは

「唯物論」と言いまして、左翼・革新思想の典型的思考です。

理性により突き詰めていけば、血統で継承しなくてはならない根拠は示すことはできないと思います。

意味がわからなくても、長く続いているということは、

大切な意味が含まれていると考えるのが、伝統を尊重する保守の基本的な考え方です。


===========================

以上
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/migihidari8gatukakumei.htm

===========================

Q.単に長く続いていることが正統だとは言えないという考え方もできませんか?

 



人間は不都合なことは避けることから、おかしなことは絶対に長く続きません。

数十年、百年程度なら無理矢理続くこともあるでしょうが、数百年、千年単位で続くことはありません。

例えば北朝鮮の体制は数百年続くことはないでしょう。

時代をまたがって継続しているということは、

人間にとって必要な要素が含まれているとまず考えるべきです。

それが伝統を尊重する意義となります。

===========================

以上
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/migihidari8gatukakumei.htm
スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。