”南京大虐殺”のまとめ 責任者は蒋介石・唐生智 日本は無罪

南京虐殺南京事件)はいつも政治プロパガンダが先行して語られてきました。

南京虐殺南京事件)』論争の経緯~すべては「宣伝文書」からはじまった
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-855.html

学術的に考えるのなら、きちんと史実と国際法に基づいてゼロから論証しなければなりません。

南京虐殺南京事件)』での一般市民殺害は?~スマイス報告を中心に
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n151348
肯定派の「一般市民殺害の根拠」はすでに破綻しているのです。

もはや「敵兵の処刑は”虐殺”か?」と言うところが焦点になってきているようです。

南京は戦場だったのに、敵兵士を処刑したら虐殺になるのか?

捕虜の処刑は"虐殺"か?~”南京事件”肯定派「ゆう」氏を論破してみました
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n155583

幕府山事件と「審問なき処罰の禁止」について~戦時国際法上合法説
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-871.html

虐殺否定派の論客リスト~四万人以上説は中国共産党シンパだらけ
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-853.html

もはや、南京で10万人以上が虐殺されたと主張する「歴史学者」にまともな奴は居ません。

【結論】
南京事件」は「南京安全地帯の記録」を超えるような事件ではなかった
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Using-Primary-Sources.pdf
『この『南京安全地帯の記録』という文書は当時のいわば公式記録であり、そこに記載された日本軍兵士の悪行とされるものは、之が全てといってよく、当時の南京城内の状況から見て安全地帯国際委員会に報告されない之以外の事件はないものと思われる.しかもこの記録の内容を分析すれば、これらすべてを、日本軍兵士の所行とされる根拠はなく、むしろ日本軍兵士の所行とされるべきものは、少ないというのが、我々の結論である。しかもこの文書の事件の伝えるところをそのまま認容しても、それは決して後年の大虐殺説の伝えるごとき非難は間違っていることを証明するのである。』

もちろん、これら50人程度の犠牲者が出たことの責任は、南京を戦場にしておきながら自らは逃亡した司令官唐生智にあることは明白です。
当時の南京は国際法上、無差別爆撃することができたにもかかわらず無差別爆撃を回避し、一般市民の被害者を最小限に留めた日本軍には責任はありません。
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-877.html

北村稔立命館大教授『一般市民を対象とした虐殺はなかったとの結論に達する』
※2007年4月2日の外国特派員協会における講演。2007/04/19週刊新潮

敵兵の処刑については、戦時国際法上合法でした。
http://www21.atwiki.jp/nankin1937/pages/16.html
もはや「南京事件」は、学者が過去の事例として学問の範疇で題材にする程度のことに過ぎません。

南京事件肯定派shpfive氏いわく、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1078408520
『そうした中で例えば「国際法」に対する見解など、いくつもの長所を持つ貴方様の意見は貴重であると考えています。』
肯定派の論客にお墨付き頂きました(笑

”南京大虐殺”についてテーマごとに以下のように私なりに論点と根拠を整理してみました。

”南京大虐殺”に関する重要かつ不可欠な13のポイント
『南京大虐殺(南京事件)』論争の経緯~すべては「宣伝文書」からはじまった
『南京大虐殺(南京事件)』での一般市民殺害は?~スマイス報告を中心に
捕虜の処刑は「虐殺」か?~「南京事件」肯定派「ゆう」氏を論破してみました
幕府山事件と「審問なき処罰の禁止」について~戦時国際法上合法説
シナ事変(日中戦争)は中国側の侵略行為~第二次上海事変


虐殺否定派の論客リスト~四万人以上説は中国共産党シンパだらけ
真実を追究せず、政治的決着をはかる秦郁彦
当時の中国兵の実態は、国際法なんて概念を持たない匪賊
南京大虐殺は実は「漢奸狩り」
挙証責任はどちらにあるか?
唐生智将軍の責任について~大虐殺派の見解
当時の中国軍は誰のための軍であったのか?
旧日本兵の「南京事件はあった」という証言は絶対的に正しいか?
南京の中国兵は交戦資格を有していたのか?
将校が「捕虜」と呼んだら(日記に書いたら)「捕虜」になれるのか?
通州事件その他で「戦時復仇」は成立するか?
信夫淳平『上海戦と国際法』より 「便衣兵…現行犯…直ちに殺害」「害敵手段」の意味
篠田治策『北支事変と陸戦法規』 の「犯罪者を処罰するには必ず軍事裁判」について


南京攻略戦に至った背景 中国側の「侵略」行為
南京での強姦・略奪の実態は中国側による強姦・略奪だった
安全区掃蕩 数千の敗残兵が区内に潜伏
幕府山事件 釈放中の偶発事故
集まらなかった中国側証言 数少ない証言も〈反対尋問〉に耐えられない
中国軍が去って、南京市民に平和が訪れた
宋希濂の回想録 長江沿い下関の大量死体は同士討ちだった
南京攻防戦の概要:南京放棄論を拒否し、堅壁清野作戦を命じた蒋介石
国民党中央宣伝部顧問 ティンパーリーの『WHAT WAR MEANS』
フィッチの妻は蒋介石の妻宋美齢と親しい友人
ラーベの証言はどれほど信頼が置けるのだろうか?
日本軍が南京に入る前から市内には多数の死体があった
蒋介石・毛沢東こそ大虐殺をしていた?
「私はアメリカの世論を操るために(中国政府に)雇われたのだ。」
シナ人は公開処刑が好き ※残酷な画像が含まれています。
日本人居留民大量殺害「通州事件」と冀東防共自治政府の裏の国民革命軍
東中野氏と田中正明氏に対する肯定派の批判、笠原十九司のウソ
南京大虐殺捏造の証拠
あのとき南京で何が起こったのか?
パール判事は南京大虐殺など認めていない
南京大虐殺 国際連盟も議題にせず
南京大虐殺と欧米人の証言
「南京大虐殺」宣伝の裏に共産勢力
軍規厳正を常に誇りとしていた日本軍、と顧維鈞は認めた
崇善堂の11万埋葬のウソ 南京大虐殺の証拠は捏造だった
南京は国際法に違反しており捕虜としての資格を有しない
スマイス調査は日本軍による虐殺の証拠たりえるか?
村瀬守保氏の写真
作家、評論家の南京視察記
ダーディン、スミス、スティールの記事、証言
小野賢二氏「南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち」に掲載された資料群の信憑性
中島今朝吾日記は捕虜処刑の記録では無い。
上海戦から南京攻略に至るまで
逃げる敵を殺すのは"虐殺"か?
「南京戦史」は、戦場ならどこにでもある「不法行為」を詫びたにすぎない
「南京事件はなかった」という河村市長を、黙らせたのは誰だ?
12月12日以降も南京に残った欧米の記者
報道規制はあったのか?
欧米人も合法だと認識していた便衣兵の処刑
ベイツ・レポート
汪兆銘の南京政府軍に編入された中国兵捕虜
歩兵第六十六聯隊第一大隊『戦闘詳報』
「河村市長を訴える」再度の南京大虐殺否定発言で生存者が怒り=中国
南京事件関連法廷の内外で公然と恫喝する中国政府
小川法務官の日記 十二月一日
秦郁彦に言わせれば、旗行列やったから休戦合意があった、て事になるらしい。
陥落直前の南京の人口は?
東京裁判において松井大将は幕府山事件で無罪になった
東京裁判における塚本浩次(事件当時陸軍省法務官)の証言

●トンデモ発言をまとめてみました。
交戦資格の四条件は正規軍にも要求される?ほか~幕府山事件を中心として
「戦時国際法上合法説を展開したら原爆投下も合法とせざるを得なくなる」って?
東京裁判史観(自虐史観)を頑なに守ろうとする南京事件肯定派
マッカラムの日記をめぐる南京事件肯定派による”敗者の手口”
南京はハーグ陸戦条約第23条違反?
poirot21th 間違いを指摘されて国語が理解できなくなる。
いわゆる「南京事件」肯定派の”逃げの手口”
学会で定説、ってどこの学会のどんな論文が定説なの?
「南京事件」 肯定派の言っていることは嘘?
絶対に「何を根拠に何があったのか」を答えない「南京事件」 肯定派
中国共産党は国民党を「政府継承」したのか?
法学の基礎「弁論主義」がどうしても理解できないshpfive
日中歴史共同研究の見解を歪曲解釈するshpfive
『なお私は、仮に南京大虐殺が全て真実だったとしても、その責任は南京防衛の最高責任者であった唐生智にある、と考えます。』

●「南京事件」以外のテーマ
満州事変は侵略ではありません
731部隊の写真誤用
田中隆吉 「田中は検事側が証拠の埋め草に使った」(インド代表判事パール氏)
国際法をどう解釈するか
不戦条約について 「世界がさばく東京裁判」より
十五年戦争なんて嘘っぱち
東京裁判での東条英機に対する尋問 731部隊について
開戦をあおる「敵国の残虐行為の報道」は、まず疑え。


●推薦図書
冨澤繁信著/南京事件の核心
核心部分がこちらで読めます。→http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Using-Primary-Sources.pdf
北村稔著/「南京事件」の探究―その実像をもとめて (文春新書)
核心部分がこちらで読めます。→http://www.history.gr.jp/~nanking/books_sapio02227.html
竹本忠雄・大原康男共著/再審「南京大虐殺」 世界に訴える日本の冤罪 ※全部ネットで読めます。
田中正明著/「南京事件」の総括 ※一部ネットで読めます。

●推薦サイト
「南京大虐殺」はWGIPのメインテーマです
佐藤和男氏『南京事件と戦時国際法』

参考文献)
田中正明/「南京事件」の総括
北村稔/「南京事件」の探求
秦郁彦/南京事件(増補版)
板倉由明/本当はこうだった南京事件
竹本忠雄・大原康夫/再審「南京大虐殺」
鈴木明/「南京大虐殺」のまぼろし
鈴木明/新「南京大虐殺」のまぼろし
ユン・チアン&ジョン・ハリディ/マオ~誰も知らなかった毛沢東
ラルフ・タウンゼント/暗黒大陸 中国の真実
ハインリッヒ・シュネー/「満州国」見聞記 リットン調査団同行記
★笠原十九司/「南京事件」
冨澤繁信/南京事件の核心
別冊正論Extra.08
阿羅健一/「南京事件」日本人48人の証言
★南京事件調査研究会/南京大虐殺否定論13のウソ
日本の捕虜取扱いの背景と方針 - 防衛省防衛研究所
原剛/いわゆる「南京事件」
笠原十九司/「日本軍の中国人20万人大虐殺を否定したがる論者たちへ!」『SAPIO』1998年12月23月号
「南京大虐殺事件」について
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

反日勢力らによる、デフレ存続 02 日本政府の借金の 94% は、日本国民が貸している 1016

日本の財務省が、日本のデフレ不況を長引かせて来てくれたお蔭で、 中国 は 、 日本の人的な資産らや技術的な資産らの大安売り、大バーゲンをものにし、 中国への日本人技術者たちの大量の引き抜きを目立たない形で実現し得、 日本の企業らを目立たない形で買い進めて来る事が出来ており、 日本の技術の体系知の所々を目立たない形で中国へ漏出させ続ける事に成功して来ました。 中国 が、 アフリカ諸国にまで、資源獲得の手を伸ばし、 自国の失業者らを派遣して、現地に定着させ、アフリカの各種の資源らを中国の支配下に置く事業らに従事させている一方において、 日本に対しては、 ゴールドマン・サックスのジム・オニール氏やフランスのジャック・アタリ氏や投資指南型の経済論客らの論説などを通しても、 『大量の移民を、日本国内へ定住させる』事が、日本経済の成長に必要にして不可欠である、との、中国に最も好都合な印象操作を得る事に繰返し成功し続けており、 中国の不動産バブルの崩壊で発生する、 大量の失業者らの一定以上を、日本経済の復興にかこつけて、日本へと送り込む、準備工作を着々と進めている最

デフレで大安売りの日本資産 01 日本政府の借金の 94% は、日本国民が貸している 1017

日本で、デフレ不況が続いてゆく、と期待できる場合に、 日本の円を買い進めて保持して置くと、 実際に、これまで通り、 デフレ不況が 続けば続く ほど、 日本国内の品物やサービスらの値段一般は、下落してゆき、
例えば、
百万円の同一品質の車一台が、半年で、90万円に値下がりし、更に半年で、 80万円に値下がりする、 といったように、
同一金額での、 円の購買力が、段々と大きく成ってゆくので、
日本社会一般の 名目金利 が 、
0 % に成った、としても、
実質金利は、 高く成って行きます。

金利 は、
ある通貨の同一金額を持っているだけで、
一定期間後 や 一定期間中に、
同一品質の物 や サービスらを どれ位 多く買えるように成るか、
あるいは、 同一数量の物 や サービスらについて、 どれ程 質を高めたものらを 買える ように成るか、
といった事によって、その実質の大きさを量り観られ得る、という事です。

デフレ下では、
実質金利は、高く成って行くので、
企業ら大勢が、
銀行らから

『南京事件の日々』ミニー・ヴォートリン、読まれました?

<ヴォートリンの日記:抜粋・概略>
12/20(概略):夕食のすぐ後、今夜の警備要員として憲兵25名キャンパスに派遣。地図を書いてキャンパスの危険個所、特に北西隅部分を指摘。
12/22(概略):毎晩、キャンパスに警備兵25人派遣。彼等が配置された最初の晩、幾つかの不幸な事件が発生。昨夜は何事もなく平穏。今夜も昨夜と同じ方式、つまり日本兵は外を警備、中は私達が警備と提案。
城内状況は良くなっているらしい。火災は何件か発生しているが、確かに減少。
12/23(概略):キャンパスは、昨日と今日は比較的に平穏。昨日は三つの兵士グループが迷いこんできたが、きょうは一グループだけ。ここ2日間も夜は平穏。
12/24:(概略)10時頃私の執務室に呼び出され、大使館付の年輩の中国人通訳を同伴した軍事顧問と会見。避難民1万人の中から売春婦100人選別させて貰いたいとの日本側の要求。彼等の考えでは、兵士用の正規許可慰安所を開設する事により、何の罪もない慎みある女性に淫らな行為を働く事は無くなるだろう、との事。以後は女性を連行しない事を彼等が約束したので、物色を始める事を承知。その間、軍事顧問は執務室で腰を掛けて待っていた。かなりの時間が経過してから、彼等はようやく21人確保。大勢の少女が次々に、残り97人は品行正しい少女の中から選ぶのかと質したが、私が言って阻止可能ならばそうならないはず、と答えるのが精一杯。
校門に警備隊や警邏隊を配置してから、うろうろ入ってくる兵士グループは殆ど無くなり、御蔭で精神的負担が大いに減った。
12/25:クリスマス-ディナーの時にサール・ベイツが、「地獄のクリスマス」と題して記事を書いている所だ、と言った。実際のところ、この金陵女子文理学院ではそのような事はない。このキャンパスは多少なりとも天国である。とはいえ、今年のクリスマスは、これまで金陵で経験したクリスマスとは確かに違う。
昨夜も平穏な一夜だった。校門に警備兵二五人が配置され、漢口路と寧海路を巡回してくれた。ここ何週間もの間で初めて朝までぐっすり眠った。(略)二つの兵士グループがやってきたが、何も問題は起こさなかった。彼らは、主として発電所に関心があった。
12/26:昨晩も平穏な一夜だった。正門に大使館の警官が一人いただけだが、彼の存在は、安心感を与えてくれるという点で役立った。
けさ兵士のグループが幾つかキャンパスにやってきたが、以前ほど不愉快な人たちではなかった。憲兵の一団が視察に来た。間違いなく、一般の兵士よりも優秀だった。
12/27:昨夜も正門に大使館の警官一名が配置され、平穏な夜だった。(略)どういう理由からか、実験学校の犬が夜間に激しく吠えていた。(略)何も変わりがないか確認するために昼間憲兵がやってきた。実際、彼らは清廉で規律正しい人達のようだし、概して優しい顔立ちをしている。
12/28:奇妙な話だが、実験学校には二度しか押し入られていない。12月17日のあの運命の夜、一人がやってきた。使用人が居間でお茶を出した。私が知る限り、何も盗まれた物はなかった。それ以後、また一人きたが、台所以外には行かなかった。

<ラーベの日記12/26の概略>
日本兵4人が庭で潜り込ませた20人を含む600人に良民証作成中。彼等の命という素晴らしいクリスマスプレゼントを貰う。
やっと幾らか落ち着いたか、昨日はこの二週間で初めて日本兵が押入って来ず。
金陵女子学院教授ミス・ヴォートリンは、大変生真面目な女性で、自分が庇護する娘達を信じ、大切に保護していた。日本当局は兵隊用売春宿を作ろうとし、我々がよく知る上品な紅卍会の会員が(そんな社会の暗部に通じているとは思いも寄らなかったが)並居る娘達に二言三言優しく話しかけると、かなりの数の娘達が進み出た。売春婦だったらしく、新しい売春宿で働かされるのをちっとも苦にしていない様だった。ミニは言葉を失った。

安全区国際委員会の工作

色々と調べると、ラーベの嘘がわかります。また安全区国際委員会全体が虚偽の工作委員会と化していたようです。

ラーベは、安全区の自宅に、現金をに詰めたトランクを幾つも持っていた支那軍将校の龍大佐と周大佐を潜伏させていました。
これは、中立と、安全区の保護を責務とする安全区国際委員長としては、言語道断であり、この行為自体が支那軍のための工作活動です。
また、当時ジョン・ラーべは、支那の蒋介石政権に重電機・通信機などを売って莫大な利益を得ていた「軍需産業ジーメンス」の南京支社長でした。
支那事変が始まってから日本は再三ドイツに支那への軍需品輸出をやめるように要請していました。
ヒトラーはソ連を牽制するためにも、日本と手を組む事を選び、支那への軍需品輸出を控えました。
ラーベにしてみれば、自分が30年間も支那で培ってきた商売が水の泡になるので、「日本はこんなひどい事をしている。こんな国との同盟は止めてくれ!」と言いたかったのでしょう。
しかし、ラーベの荒唐無稽な「数千人」とか「5~6万人」とかの虐殺の話はあまりにも不自然過ぎて、同胞のドイツ人にも信じて貰えませんでした。
1938年1月9日に南京に戻ったドイツ大使館のシャルフェンベルク事務長は、2月10日、自分の目で実情を確かめた上で漢口のドイツ大使館に、ラーベが語る日本軍の暴行事件について、「暴行事件と言っても全て支那人から一方的に聞いているだけ」と書き送っています。
結局ラーべの策略は実らず、ドイツに呼び戻され、二度と支那の土を踏むことはありませんでした。

はぴはぴ

En6M9173
毎日ハッピーです
あなたも、さらなるはっぴーへと・・・
http://076I09P7.1.w347d.biz/076I09P7/

”南京大虐殺”のまとめ
1、蛮行は事実だがやったのは日本兵ではなく軍服を着たシナ人。生存者とされる人たちがそれを見分けることができたかは不明。
2、大虐殺のものとされる写真は場所、日時が不明なものが多い。あと川岸に多くの遺体が集まっている写真は黄河決壊事件時のものと思われる。
3、旧日本兵の人が大虐殺を行ったと証言するのは戦後中国で洗脳教育を受けたものによる。

No title

ジョン・ラーゲを読みましょう。
プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR