スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護主義は有益である ~ イギリスとインドの綿織物

イギリスの東インド会社に支配される前のインドは、世界最大の「綿織物」生産大国だった。……インド産キャラコは、イギリスに綿織物の「市場」を創り出したのである。……これを見たイギリスの企業家たちが、自国の綿織物市場の拡大を「ビジネスチャンス」としてとらえない方が不思議というものだ。当然、イギリスの企業家たちは「綿織物の自給」を目論み、自国でも拡大中の「綿織物の市場」におけるビジネス拡大を図った。そのためには、政府を動かし、インド産の綿製品流入を食い止める必要がある。というわけで、イギリス政府は1700年、染色キャラコの輸入を法律で制限した。露骨なまでの「保護主義」でインド製品を自国市場から締め出し、国内の綿製品の産業を育成しようとしたわけである。さらに、イギリス政府は1720年に、再輸出用を除く、全ての綿布の輸入を禁止。インド産キャラコから自国市場を保護した上で、国内で綿製品の生産性を高めるための技術開発投資が拡大した。いわゆる産業革命である。……イギリスの綿織物の「生産性」は劇的に向上した。そして、イギリスは機械で大量生産される(しかも、安価)自国製の綿製品を、インド市場になだれ込ませたのである。手工業による生産が続き、生産性が低いインド産キャラコは、全く太刀打ちできなかった。技術開発で生産性向上に成功したイギリス政府は、インドに「自由貿易」を要求。相手国の「関税自主権」を取り上げた上で、自国産の綿織物を大量に輸出していった。

以上、「亡国の農協改革」三橋貴明(飛鳥新社)p.79より

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。