スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百田尚樹の護憲派平和主義批判 「カエルの楽園」




百田尚樹 の 「カエルの楽園」 が売れているらしい。「永遠のゼロ」は感動して映画館で見てDVDも買った俺だが、今回は原作本は買わない。G・オーウェルの「動物農場」は共産主義を批判したものだったが「カエル」は護憲派平和主義を批判したものだろう。

護憲バカ批判は結構だが彼らにつける薬はない。彼らが如何に愚かなのか「カエルの楽園」 を読んで気づく人が少しでも出てくればいいだろう。俺は読んでないが。
それはともかく橋下徹 を支持する 百田尚樹 は 自分が 改革バカ であることに気づくべきだろう。

国民のための民主主義が機能しなくなると 小泉純一郎 や 橋下徹 、ドナルド・トランプ みたいな政治家に有権者が熱狂しはじめる。戦前のドイツで起こったことが、今ふたたび起こりつつあることを 改革バカ の 百田尚樹 は気づいていないのだろう。
人の批判をしてる場合じゃないんだよ。

橋下徹 のゲスで攻撃的な弁舌と、ドナルドトランプ の差別主義的で攻撃的な弁舌。
彼らが支持される現象は私には興味深い。
日本でもアメリカでも経済的な停滞が起こり、その停滞からの脱出を政治が実現できないことが原因なのではないか?
改革バカ 百田尚樹 には理解できないだろう。





スポンサーサイト

テーマ : 平和希求
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。