「需要を奪い合う自由競争」を捨象した比較優位説の世界は、実は共産主義と同じ

比較優位説を二国二財のケースについて考えてみます。

イギリスとポルトガルにそれぞれ労働者が10人いるとします。
イギリスの労働者1人は一年間で毛織物を10単位、ワインを12単位作れるとします。
ポルトガルの労働者1人は一年間で毛織物を5単位、ワインを10単位作れるとします。

どちらの財もイギリスが「絶対優位」ですが、ワインについては毛織物よりも優位性が小さくなっています。
この場合、ポルトガルのワインが「比較優位」です。

両国が貿易をせずに各国の労働者が二財を分業で生産する場合、一年間の生産量をそれぞれ見ると
      毛織物   ワイン
イギリス  30(3人) 84(7人)
ポルトガル 30(6人) 40(4人)
 合計   60    124
こんな状態で各国が均衡していたとします。

次に、両国が貿易した場合を考えてみます。

イギリスの労働者6人が毛織物、残りの4人がワインを生産し、ポルトガルの労働者10人全員がワインを生産した場合、
      毛織物   ワイン
イギリス  60     48
ポルトガル  0    100
      60    148
このように貿易&分業すれば毛織物は貿易前と同じだけ、ワインは貿易前より多く生産することが出来ます。

これが比較優位説のエッセンスです。

さて、この比較優位説、実は需要面を無視しているのです。

続きます。

我々が住んでいる資本主義の世界は、たくさん作れたからハッピー、と言う世界ではありません。
売れ残ってしまえば利益を圧迫してしまうのです。最悪、倒産です。

貿易前の状態で両国とも需要と供給のバランスが取れていたとしたら、貿易によって過剰生産がおこります。
すると、現実の経営者は過剰生産が利益を圧迫することを知っていますから、生産量を調整します。

するとどうなるでしょうか?
貿易を開始して、毛織物の生産をやめてしまったポルトガルはワインの生産しか出来なくなりました。
かたやイギリスの毛織物工場はポルトガルの毛織物市場を総て奪い取って生産が倍増してウハウハですね。
ワインは両国の需要が124に対して、最大生産量が148です。
この場合は余剰生産力が24になります。

さて、このワイン24単位の生産をどちらかがやめなければ供給が需要を上回って価格が下落してしまいます。
価格下落を無視して最大生産を続けるか、どちらかの国が労働者を解雇して生産調整しなくてはいけないのです。
自由競争という前提なら、当然、価格競争することになるでしょう。
ポルトガルだって負けてられません。

ポルトガルの気候がワインの生産に適していてポルトガルのワインに人気があれば話は別ですが、そういう条件を捨象して生産性だけに注目します。
イギリスはワインでも「絶対優位」ですから生産性だけが勝敗を決めるとしたら、自由競争でポルトガルが負けてしまいます。

するとどうなるでしょう?

      毛織物   ワイン
イギリス  60(6人) 48(4人)
ポルトガル  0     80(8人)
      60    128

ポルトガルの労働者10人のうち、2人は失業してしまうことになります。
イギリスは毛織物とワインの生産能力および完全雇用を維持し、一方、ポルトガルはワインしか生産できない国に成り下がった上に失業者まで出てしまいました。

なんということでしょう。

私が思うに、EUではこのような現象が起こっているのではないでしょうか?
これほど単純な話じゃないのは当たり前ですが、自由貿易をしても需要が増えるとは限らないのですから、需要が増えなければ当然このようなことになります。※
ましてやEUは緊縮財政をやっています。おそろしい、、、。

比較優位説は「たくさん生産できたらハッピーだ」という点しか考慮されていないのです。
需要面が無視されているのです。

上の例の毛織物のように、自由貿易ですから分業とは名ばかりで多国の需要(市場)をすべて奪い取ってその産業を再興できなくするのです。そして相手国をワインしか生産できない国にして、そのワインですらも自由競争に晒し、結果的に失業が生じるのです。
まるで帝国主義時代を見ているかのようです。

比較優位説は国家間の関税なき自由貿易を正当化する理論としてよく使われますが、実は、自由競争を無視した共産主義的世界観を反映しているのです。
イギリスは毛織物に、ポルトガルはワインに特化して分業すれば良い、という言い方で使われますが、そんなのは計画経済・計画貿易そのものです。
リカードの比較優位説にひとたび「需要を奪い合う自由競争」という概念を取り入れてしまえば、ポルトガルの毛織物産業は潰れ、ワイン産業も衰退してしまうのです。

比較優位説が「需要を奪い合う自由競争」を捨象した世界だからこそ「二国ともハッピーになれる」という”まやかし”が通用するのです。
「需要を奪い合う自由競争」を捨象した比較優位説の世界は共産主義とかわらないのです。

比較優位説を根拠に自由貿易を礼賛する自由貿易マンセー芸人を見かけたら「お前はコミンテルンか!」と罵ってやりましょう。




※貿易によって双方の総需要が増える場合はこの限りではありません。たとえば北海道の昆布と沖縄のさとうきびを貿易すれば、北海道も沖縄もそれまで無かったものが手に入るようになって総需要が増えて双方に利益をもたらすでしょう。ただし、これは「比較優位」の話ではありません。「比較優位」は二国とも生産できる二財の貿易の話です。北海道で生産できないさとうきびと沖縄で生産できない昆布の貿易は「絶対優位」の話です。「比較優位」を根拠にした自由貿易賛成論は他国の需要(市場)を奪うだけで総需要は増えない弱肉強食型自由競争の貿易論です。

参考リンク)

#比較優位説 は現実の国際社会では成立しない机上の空論 ~ 資本主義を憎悪し世界革命を叫ぶマルクス主義と、つくればつくるだけ売上が増える架空の世界を信奉してグローバル資本主義を追求するフリードマン主義の類似性
http://togetter.com/li/883930

#比較優位説 はどんな時代のどんな国にも成立する普遍的な法則か? ~ #山本博一 が、またしてもお高くとまって逃げ出してカルト信者ぶり丸出し
http://togetter.com/li/883156

関税自主権を放棄することが日本の消費者の利益にかなうことだ、と日露戦争までの人類史上前例の無い軌跡(奇跡)を全否定するフリードマン主義者 ~ 消費者の大半が労働者でもあることを意図的に無視する悪人の手先
http://togetter.com/li/885448

詭弁と強弁を繰り返して質問に答えずに有耶無耶にして逃げようとするフリードマン主義系の「宗教の人」 ~ ハヤクコタエテクダサーイ
http://togetter.com/li/885428
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR