スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小山和伸の”大間違い”

文明の衝突を見ずして仏紙襲撃テロ解決の方策なし
努力した者は報われ怠けた者は貧しくなる――「合理的な格差」は近代資本主義の恩恵~小山和伸氏
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42782?page=3
「格差拡大の元凶は資本主義」は大間違い
 資本主義のせいで格差が広がっていると言われますが、少し落ち着いて考えてほしいと思います。資本主義以前、封建時代には今とは比較できないほどのとんでもない貧富の差がありました。資本主義だから格差が広がったのではないのです。
 都市に大勢の貧しい労働者を生み出したのは資本主義にほかならない、よって資本主義はけしからんと言う人には、何百万という単位の無産階級の労働者がひしめく都市がなぜできたのかを問いたいと思います。
 彼らは農村では食べていけないから、都市に出て工場労働者になった。貧しいながらもどうにか生きていける都市という環境は、近代資本主義の発展とそれに伴う産業化の進展の恩恵と言えるのです。
 注意したいのは、産業化以前の社会では長らく人口がほぼ一定に保たれていたことです。生産力に乏しいため、生きていくためには生まれた子供を間引くしかありませんでした。つまり資本主義の犠牲者のように言われる貧しい労働者たちは、昔だったら間引かれて、この世に生を受けられなかったかもしれないのです。
 もちろん、だからといって格差があっていいわけではありません。努力した者が報われる社会じゃないといけないと思います。
 私が規制緩和に賛成する理由もそこにあります。規制は既得権益で潤う者を守るものですから、ある意味では格差を維持する元凶です。
 能力のある者、努力した者が報われる社会にするには規制をなくす必要があります。能力と努力で豊かになる、怠けたせいで貧しくなる。その結果としての格差は合理的な格差だと思いますよ。

以上、引用終わり。

私は、健全な社会への妨げになっている規制を撤廃するのなら反対しません。
しかし、規制の無い資本主義、原理的資本主義には大反対します。

規制がある資本主義、ケインズ的資本主義だったからこそ日本は世界第二位の経済大国になったのです。

規制は社会の秩序を守るためにあります。

既得権益で潤う者を守るために規制があるというのなら、労働基準法も借地借家法も消費者契約法もすべて無用だということになります。
小山和伸に言わせれば、労働者や消費者は「既得権益で潤う者」だというわけです。
かつての大規模小売店舗法で守られていた商店街の店主も「既得権益で潤う者」だったわけです。

それともうひとつ、日本の農村で生きていけなくなったは、農産物のや木材の関税撤廃という「規制緩和」が原因です。
そんな人たちがやむをえず都会に移住することになります。
こんなふうに日本を労働力の買い手市場として放置していることが格差拡大の一因です。

小山和伸は格差が広がった今の世界を見て、貧しい家庭に生まれた子供も努力しだいで出世できる、裕福な家庭に生まれた者は怠けたせいで貧しくなる、そんな世界だと考えているのでしょうか?

小山和伸が米国や韓国の貧困層の実情、韓国のセウォル号事件とナッツリターン事件、その他の世界の実情をどう説明するのか、非常に興味があります。

それにしても「既得権者」という架空の悪者を創りあげて強きを助け弱きをくじく「偽善者」が学者という肩書きを使って偉そうに言うのは、小泉政権以来やけに目立つようになりました。

oyamakazunobu
小山 和伸(おやま・かずのぶ)氏
神奈川大学経済学部教授。経済学博士(東京大学)。横浜国立大学経営学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。専門分野は、経営管理論、組織論、戦略論、技術経営論。


スポンサーサイト

テーマ : スケッチ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。