スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#リフレ派 はいつからやかましくなったのでしょうか?

吉川洋
『それにしても、なぜ内外の著名な経済学者たちは、金利がゼロでもマネーサプライを十分に増やせばデフレは止まる、と自信を持って主張するのか--あるいは主張したのか。そうした主張には確固とした理論的裏付けがある、と彼らは考えているからである。そうした理論の代表は、1998年に発表されたポール・クルーグマンの論文である。
流動性の罠から脱出するためにはどうすればよいのか。この問題を巡る議論に内外で大きな影響を与えたのは、クルーグマンの日本の「流動性の罠」に関する論文である(Kruguman[1998])。このクルーグマン論文は、インフレ・ターゲティングとマネーサプライの増加によりデフレから脱却する政策プログラムに、しっかりとした「理論的基礎付け」を与えたと、多くの経済学者によって信じられた。』
「デフレーション~”日本の慢性病”の全貌を解明する」(日本経済新聞出版社)

高橋洋一
『それを簡単に言うと、名目金利がゼロでも、金融政策でインフレにすれば、実質金利がマイナスになって、不況から脱出できるというものです。つまり、流動性の罠に陥り、もう名目金利が引き下げられなくても、マネーの量的拡大をすれば「いつかはインフレになる」と民間が予想します。それを利用することで、需要を創出できるわけです。
クルーグマン教授自身も1998年に「“It’ baaack: Japan’s Slump and the Return of the Liquidity Trap,”(復活だぁっ! 日本の経済停滞と流動性の罠)」という茶目っ気のある題名の論文を書いており、かなり話題になっていました。その結論も金融政策によって日本は流動性の罠から脱出できるという者でした。』
「この金融政策が日本経済を救う」(光文社新書)

延近充(慶應義塾大学経済学部教授)
『このようなリフレ派の経済政策の基礎にある理論的概念は,貨幣数量説と合理的期待形成説にもとづくインフレ期待の 2 つである。
この QE 政策とインフレ・ターゲット政策の組み合わせによる「流動性のワナ」からの脱出というアイデアは,P.クルーグマンが提起したものである5)。
5) Krugman, Paul R. “It’ baaack: Japan’s Slump and the Return of the Liquidity Trap,” Brooking Papers on
Economic Activ ty, 2, 1998, pp.137-205. 』
http://web.econ.keio.ac.jp/staff/nobu/column/Abenomics.pdf

山形浩生
『このインフレ目標政策を1990年代末から一貫して訴え続けてきたのは、日本では岩田規久男教授や故岡田靖、そして外国では本書のポール・クルーグマンだった。だがその支持者たちも、もはやこの政策が日の目を見るとはあまり期待していなかった。』
ポール・クルーグマン「そして日本経済が世界の希望になる」(PHP新書)の解説より

島倉原(東京大学法学部卒業。会社勤めのかたわら、景気循環学会や「日本経済復活の会」に所属)
『インフレターゲット論に最初に理論的な基礎付けを与えたとされているのは、アメリカの経済学者ポール・クルーグマンの論文 “It’s Baaack! Japan’s Slump and the Return of the Liquidity Trap”(1998年)です。』
http://asread.info/archives/524

池田信夫(日本の経済学者、経済評論家、ブロガー)
『彼ら(リフレ派)の主張は「日銀がお札を刷ってインフレにすれば、日本はデフレから脱却できる」というものです。このもとになった1998年のクルーグマン論文はなかなかよくできており、私も最初読んだときはなるほどと思ったものです。』
アゴラ 「リフレ派の敗走」- 池田信夫

矢野浩一(駒澤大学経済学部准教授)
『そのため、「将来の金融緩和を約束するインフレターゲットが必要である」ということになる。これがクルーグマン(1998)の提案である。
さらにクルーグマンのインフレターゲット提案はマクロ経済学における広い概念である「政策レジーム・チェンジ」によって明確に理解することが出来る。(中略)
日本においてリフレ政策がハッキリと表明されたのは岩田(2004)である。その中でそれがどのようなものであるか明確に述べられている。
「本書の筆者たちは、『インフレ目標政策+無制限の長期国債買いオペ』をリフレ政策と呼んでいる」(同書200頁)
「リフレーション政策(リフレ政策)とは『物価水準を貸し手と借り手にとっての不公正を修復する水準まで戻す政策』と定義される」(同書301頁)
「クルーグマンが提案する4%のインフレ経路を選択する場合には、2%のインフレ経路の場合の目標物価水準に到達するのは、6年10ヶ月後の2010年4月である。これまでの期間がリフレ政策になり、その後は通常のインフレ目標政策になる」(同書302頁)
このようにリフレ政策は、はっきりと「インフレターゲットに基づくものである」と書かれている。言うまでもなくクルーグマン(1998)のインフレターゲット提案も政策レジームチェンジの一種である。』
「リフレが日本経済を復活させる」(中央経済社)第三章p.104-107より

青木泰樹

3:00くらいから↑
『リフレ派の方たちは、量的緩和だけではダメと言っている。クルーグマンは1998年、フィッシャー方程式を読み替えて彼独自のインフレターゲット理論を提示。リフレ派はこの理論にほとんど依存』

1998年のクルーグマン論文はこちら↓です。
復活だぁっ! 日本の不況と流動性トラップの逆襲 ポール・クルーグマン(山形浩生 訳)
リフレ派のルーツはこのクルーグマンの論文です。

番外編)
田中秀臣(上武大学教授)
『ところが2000年頃、とあるメールマガジンを作るに当たっての座談会があり、僕もオブザーバーとして聞いていたのですが、その時に経済学者ポール・クルーグマンの話になったんですね。もちろんクルーグマンの名前は知っていましたけど、リフレ政策についてのイメージではなく、ノーベル賞を受賞した戦略貿易政策だとか都市の経済学の人としてしか把握していませんでした。その座談会で「今デフレだからインフレ目標を導入して人々のデフレ期待を反転させて、将来インフレになるように人々の期待を誘導するような政策を導入しなきゃいけない」って発言が出て、私はそれを聞いた瞬間に「そんな人々の心を中央銀行がコントロールできるわけはないじゃん」って感じました。でも、そうは思ったものの、なんか心の中に引っかかるものを感じて、帰りの電車でぼーっと考えていたら「待てよ、それって自分が、大学院の時に論文にしたものに近いじゃん」って思い出したわけなんですね(笑)。』
 ビジネスIT 『デフレ不況 日本銀行の大罪』著者 田中秀臣氏インタビュー 2010年09月10日




上武大学教授の田中秀臣さんの「そんな人々の心を中央銀行がコントロールできるわけはないじゃん」というのは、とてもまともな感想ですが、経済学者であった当時の田中さんでさえそう考えるのに、一般国民の消費マインドや民間企業の設備投資マインドを中央銀行の政策で操作できるわけないんですよね。

それができるのはケインズが言うとおり、政府の財政政策です。
この点については後日。
http://megalodon.jp/2014-1225-1104-44/www.sbbit.jp/article/cont1/22302
http://megalodon.jp/2014-1225-1105-22/www.sbbit.jp/article/cont1/22302?page=2
http://megalodon.jp/2014-1225-1106-02/www.sbbit.jp/article/cont1/22302?page=3
スポンサーサイト

テーマ : クリスマス
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。