#リフレ派 の言う「スタンス」「コミットメント」を放棄した #岩田規久男 日銀副総裁のもとでは、今後いくら金融緩和しても意味がない


「リフレが日本経済を復活させる」(中央経済社)にて岩田氏が
「マネタリーベース(MB)の増加は予想インフレ率を引き上げる」
と述べておられます。
その根拠として使ったのが、藤井聡氏からの転載願いを拒否した問題のグラフです。
くわしくはこちら⇒http://togetter.com/li/751051

そもそもMBを増やせばインフレになる、と主張していたのが岩田氏をはじめとするリフレ派の先生方なのですが、都合の良い期間だけグラフ化していることを藤井氏から指摘されると、「スタンスが大事なんです」(田中秀臣・上念司)とか言い出すのって、ちょっと怪しくないですか?
それなら最初から、明確なスタンスが予想インフレ率を引き上げる、と言っておくべきだったのでは?

参考)高橋洋一教授もMBの拡大がインフレ率を引き上げると発言していました
『黒田日銀は「インフレ目標2%」を公言した上で、「二年間で目標を達成する」と達成期間にもコミットメントしている。そして掲げた目標に向かって、積極的な金融緩和を行っている。私の試算でも、現在の日銀のマネタリーベースの拡大ペースであれば、目標通り、2年後のインフレ率2%は十分に達成可能な数字だ。』
(高橋洋一「財務省の逆襲」2013.10)

検証 公共事業万能論 第1回 田中秀臣 上念司 桜林美佐【チャンネルくらら】
20:30くらいから
田中
「お金だけを刷れば経済がよくなる、てのは僕たちの主張じゃない、金融政策の姿勢(スタンス)が重要、それがないままお金を刷ってもだれも信じない」
上念
「信じるためには3つの要件、目標、期限、罰ゲーム」


検証 公共事業万能論 第5回 田中秀臣 上念司 桜林美佐 【チャンネルくらら】
6:30くらいから
田中
「注目すべきは日銀のスタンス」
「スタンスを無視して議論してもしょうがないでしょ?」
「リフレ派が何を言っているのか正確に理解して」


ようするに彼らの主張は、
「MBを増やしても姿勢(スタンス)がなければ意味がない」
「姿勢(スタンス)を市場が”信じる”かどうか」
ということのようです。
しかし、スタンスとか、そういう話になっちゃうと、もはや経済学って科学じゃなくね?

リフレ派によると「スタンス」が大事だということですが、2年で目標を達成できなければ辞任するという「スタンス」を2年も経たずに撤回して日銀副総裁の椅子にしがみつく岩田規久男日銀副総裁にはもはや「スタンス」は無い、ということになりますよね?
黒田総裁にいたっては最初から「スタンス」は無かったんですが。
すると、これからいくらMBを増やしても意味がない、もはや金融緩和は無用、ということになりませんか?


参考)
BRIEF-物価目標達成時期、電車の時刻表のようにはきちんとできない=岩田日銀副総裁
2014年 10月 28日
[東京 28日 ロイター] - 日銀の岩田規久男副総裁は28日午前、参議院財政金融委員会で、2%の物価目標の達成時期について、「電車の時刻表のようにはきちんとできない」と述べた。大久保勉委員(民主)の質問に対する答弁。主な発言は以下のとおり。
* 副総裁就任前の所信での辞任発言、深く反省している
* 目標未達なら辞任との発言、まずは説明責任果たすというのが真意
* 政府と2%の物価目標が合意されており、日銀法を改正する必要ない
* 物価目標達成時期、電車の時刻表のようにはきちんとできない
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPT9N0R403K20141028

それなのにまだ、「更なる緩和必要」と言っているリフレ派が居ます。

参考)
インタビュー:2%目標実現には更なる緩和必要=若田部早大教授 2014年 11月 26日
振り出しに戻ってしまったアベノミクスを再起動させるためには、1)追加緩和と2)経済対策、3)TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などの成長戦略が重要と述べた。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0J92MQ20141126

田中秀臣さん流に言えば、
リフレ派であるはずの若田部教授は、「リフレ派が何を言っているのか正確に理解して」いないのではないですか?

スタンスのない追加緩和に意味がないとする田中秀臣
vs
スタンスがなくても追加緩和が必要とする若田部昌澄

リフレ派同士の仁義なき戦いが勃発か?


リフレ派の理論が間違っていたことを自分で証明した岩田規久男日銀副総裁の「株価」は、物価目標じゃなくて副総裁給与で1.3%アップ?!
http://togetter.com/li/753001

いくら金融緩和しても実体経済が良くならないので焦ったリフレ派がケインズ解釈に論点をすり替え藁人形論法を展開するの巻 ~ 上念司と田中秀臣は、今の日本にいちばん効く国土強靱化を推進されちゃうと困る人?
http://togetter.com/li/757455
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR