スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京事件(南京大虐殺)の定義~笠原十九司と秦郁彦による

『南京大虐殺事件、略称としての南京事件は、日本の陸軍ならびに海軍が、南京攻略戦と南京占領時において、中国の軍民にたいしておこなった、戦時国際法と国際人道法に反した不法残虐行為の総体のことをいう。
事件発生の区域は、南京城区とその近郊の六県を合わせた行政区としての南京特別市全域であり、それは南京攻略戦(中国にとって南京防衛戦)の戦区であり、南京陥落後における日本軍の占領地域でもあった。
事件発生の期間は、日本の大本営が南京攻略戦を下令し、中シナ方面軍が南京戦区に突入した37年12月4日前後からはじまる。大本営が中シナ方面軍の戦闘序列を解いた38年2月14日が南京攻略作戦の終了にあたるが、南京における残虐事件はその後も続いたので、南京事件の終焉は、日本軍の残虐行為が皆無ではないまでも(近郊農村ではあいかわらずつづいていた)、ずっと少なくなった3月28日の中華民国維新政府の成立時と考えることが出来る。ただし、37年8月15日から開始された海軍機の南京空襲は、南京攻略戦の前哨戦であり、市民にたいする無差別爆撃は、南京事件の序幕といえるものだった。』
(笠原十九司「南京事件」p.214)


『史上、「南京事件」と呼ばれているものが三つある。……最後が本書の対象としたもので、1937年末、日中戦争の最中に南京で日本軍が引き起こした残虐事件である。』
(秦郁彦「南京事件」p.242)



『日中戦争が勃発して5ヶ月をへた1937年12月13日に、国民政府の首都であった南京は日本軍に占領された。すでに11月20日に国民政府は重慶への首都移転を宣言していたが、南京は依然として「象徴としての首都」であった。そしてこのあと三ヶ月にわたる日本軍の軍事占領が続いたが、「南京事件」とはこの軍事占領期間中に日本軍により行われたと言われる組織的な大虐殺事件であり、、、』
(北村稔「南京事件の探求」p.7)




以下、「南京大虐殺否定論13のウソ」より

『日中戦争のはじめの1937年12月に、日本軍は当時の中国の首都南京を占領した。そのとき起こした大虐殺事件は、「南京アトロシティーズ」あるいは、「ザ・レイプ・オブ・南京」として世界の歴史に刻まれている。』(はじめに)

『その戦争の中で、「皇軍」と自称していた日本軍が、南京やシンガポールやマニラなどで大規模な残虐事件を起こしていたことも知らされた。』(藤原彰)


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13130785358
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。