スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアの独立を助けた日本




なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか(祥伝社新書287) [新書] より

インドネシアには、太古の昔から、白馬にまたがる英雄が率いる神兵がやってきて、インドネシアの独立をたすけてくれる、と言う伝説があった。日本兵の侵攻は、まさに伝説の到来を思わせた。日本兵は、神話の軍隊だった。
ジョージ・S・カナヘレは、著書『日本軍政とインドネシア独立』のなかで、日本の果たした役割として、次の四点を掲げている。
一、オランダ語や英語を禁止した。このために公用語としてインドネシア語が普及した。
二、青年に軍事訓練を課し、厳しい規律や、忍耐心を教え、勇猛心を植え付けた。
三、オランダ人を一掃し、インドネシア人に高い地位を与え、能力と責任感を身につけさせた。
四、ジャワにプートラ(民族結集組織)や、ホーコーカイ(奉公会)の本部を置き、国土の隅々まで支部を作り、組織の運営方法を教えた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。