スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアの抑留所で軍属として働いていた朝鮮人がオランダによる軍法会議でBC級戦犯に

オランダによるバタビア軍法会議でBC級戦犯になった朝鮮人について、いろいろ抜粋してみました。
・抑留所で捕虜などの監視をしていた朝鮮人がたくさんいたこと。
・彼らの多くが戦犯とされたこと。
・オランダによる軍法会議がずさんだったこと。
などがわかります。

『日本人戦犯の責任を軽減するつもりは毛頭ないが、占領地域で最も嫌われたのは、このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だった』
「ニッポンは誤解されている」アルフレッド・スムラー p.119

『一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった』
「日本軍は香港で何をしたか」謝永光 p.36



内海愛子「朝鮮人BC級戦犯の記録」(勁草書房)より


朝鮮人戦犯一四八人のうち、軍人は三人のみ、この三人はフィリピンの俘虜収容所長だった洪思翊中将(死刑)とフィリピン山中でゲリラ戦を戦った二人の元志願兵(有期刑)である。残る一四五人のうち、中国大陸で通訳として徴用されていた一六人(死刑八人、有期刑八人)を除くと、残る一二九人全員が、俘虜収容所の監視要員として集められた軍属である。
(中略)
監視要員として集められた朝鮮人青年は3000人、そのうち129人が戦犯となっている。100人に4.3人の割合である。

(「はじめに」より)


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。