有識者会議での「祈るだけでよい」 陛下、公務否定に衝撃 「一代限り」に不満

毎日新聞2017年5月21日 東京朝刊

 天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。(3面に「考・皇室」)

 陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。

 宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。

 ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。

 陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。

 宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と説明する。

 陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、憲法に規定された象徴天皇の意味を深く考え抜いた結果だ。被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、天皇であり続けることはできないという強い思いがある。【遠山和宏】
https://mainichi.jp/articles/20170521/ddm/001/040/176000c?fm=mnm
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

戦後の先進国で起きることのなかった賃金の下落

読売新聞2016年3月28日
yomiuri20160328-1.jpg
yomiuri20160328-2.jpg

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

EUの難民問題を見てうらやましがる日本のグローバル企業



















テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

#宮川剛 先生おしえて!HPVと #子宮頸がん の因果関係が証明されてるの?それとも推定に過ぎないの?どっち?? @tsuyomiyakawa

宮川 剛
藤田保健衛生大学教授
博士(心理学)(東京大学)
https://twitter.com/tsuyomiyakawa

http://togetter.com/li/962386
http://togetter.com/li/966621
コチラに宮川教授のツイートをまとめておいたのに、宮川さんが管理者にクレームを入れて、いつのまにか非公開にされてました。
もったいないので、以下にまとめておきました。

「様々な研究でHPV感染と子宮頸がんの因果関係は証明されておりそれにノーベル賞が。」


「子宮頸がんの場合に限っては、約99%以上はHPVウイルスが原因であると推定されてます。」


「 「HPV-16 とHPV-18 に起因する病気はほぼ100%予防」できる、というのはやはり単純にすごい。」

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

HPVワクチン(俗に言う、子宮頸がんワクチン)をめぐる事実関係と、私の主張

HPVワクチン(俗に言う、子宮頸がんワクチン)をめぐる事実関係

1.子宮頸がんの原因はHPVウィルスだと言われているが、原因は複数あるとも言われ、まだ結論は確定していない。

2.子宮頸がんワクチンと呼ばれるものは、実はHPV感染を予防するものであって、子宮頸がんを直接予防するものではない。
→→→「子宮頸がん予防ワクチンは、新しいワクチンなので、子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ証明されていません。」(厚生労働省)

3.HPVワクチンを接種すれば一生涯子宮頸がんに絶対罹らないわけではないし、HPVワクチンを接種しても検診は必要である。HPVワクチンを接種しても子宮頸がんに罹る可能性はある。
→→→性交渉の経験がない小学生でも子宮頸がんに罹るケースがある。

4.HPVに感染しても90%は自然治癒し、残りの10%のうち一部が10~20年経過して子宮頸がんを発症する。HPVに感染した女性の内、子宮頸がんになるのは1%未満である。

5.一般的にワクチンには必ず副反応が伴う。希に重篤な副反応があり、死者が出ることもある。たとえば天然痘ワクチンやインフルエンザワクチン。HPVワクチンも例外ではない。
→→→「頻度は低いといえども、ワクチンは重篤な有害事象を引き起こす。HPVワクチンを販売するMSDもグラクソ・スミスクラインの何れも、100万接種当たり30~40件程度の重篤な有害事象が発症することを認めている。」(上昌広)
→→→HPVワクチンを打たなくても子宮頸がんに一生涯罹らなかったであろう女子にまで副反応のリスクを背負わせる。

6.HPVワクチンの費用を全額補助する自治体もあるなど女子中学生を中心に健康な女性全員に接種が奨励された。副反応でマスコミが騒ぎ出すまでは女子中学生の7割が接種していた。

7.このワクチンはグラクソ・スミスクライン社とMSD社が製造販売している。

8.WHOは2009年新型インフルエンザで警戒水準をフェーズ6に引き上げ警報を発したが、実は他の季節性インフルエンザと大差ないレベルだった。WHOの誤警報は巨大製薬会社の意向が大きく影響したという批判があるが、インフルエンザワクチンを供給したグラクソ・スミスクライン社は否定している。

9.IMF(国際通貨基金)の意思決定はウォール街の意向に大きく影響を受けており、アジア通貨危機の際などは緊縮財政や市場開放を強いて甚大な被害をもたらした。WHOの意思決定も巨大製薬会社の意向に大きく影響を受けている疑いが濃い。

10.製薬会社がデータを捏造した事例として、ノバルティスファーマ社の高血圧治療薬に関して、各大学の臨床研究に関与して同社の社員がデータを捏造していたディオバン事件がある。これは個人の罪として終結したが、巨大製薬会社は利益追求のために学界と癒着してデータ捏造などを行っている可能性は否定できない。

以上の事実を総合して、HPVワクチン接種推奨と費用補助は反対します。
理由は以下の通り。


(効用の怪しさ、弱さ、そしてリスク)
そもそも子宮頸がんを予防するエビデンスが存在しないワクチンであり、「子宮頸がん予防ワクチン」などと呼ばずに最初からHPVワクチンと呼ぶべきであった。国民を誤認させる狙いがあったのではと邪推させる。訴訟にまで発展した重篤な症状は、ワクチンの副反応と考えるのが妥当である。
HPVに感染しても90%は自然治癒し、HPV感染者の1%未満しか子宮頸がんに罹らない。


(製薬会社やWHO、学者に対する信用性)
患者に投与する治療薬と違って、健康な人にも接種させるワクチンは製薬会社にとっては巨大なドル箱である。WHOを使って日本を名指し批判するのは製薬会社の思惑が大きく働いていると見るべきである。IMFにも似た構図の事象(IMFに出向している財務官僚による緊縮財政主義)がある。デタラメな格付けで世界中にばらまかれた詐欺的金融商品「サブプライムローン」の一件と構図が似ている。データについても時間をかけて精査すべきである。

(HPVワクチンの緊急度の低さ)
健康な女子にも副反応のリスクを背負わせるワクチンは、それだけの緊急性が必要である。天然痘のように感染力が強い病気とは違い、90%が自然治癒するHPVは、リスクとコストに鑑みてそれぞれの女性が個別に医師と相談してワクチン接種を判断すればよいのであって、細菌性髄膜炎やB型肝炎などに優先して政府が推奨するべきワクチンではない。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

国際機関だからといって公正・中立・無謬だとは決して言えない ~ IMFはウォール街の走狗か?

むしろ、公正・中立・無謬だと思われがちであることを利用する勢力が影響力を及ぼしていることを深刻に受け止めなければいけない。
たとえばゴールドマン・サックスが表立って自社の利益にかなうような政策提言をするよりも、こうした国際機関を操って自社の利益にかなう政策提言をした方がやりやすい。経済危機に陥った国に対して融資と引き替えに条件を突きつけられるIMFは好都合である。

『IMFで唯一拒否権を持っている国は、G1と呼ばれていますが、それはアメリカ合衆国です。拒否権を持つ国があれば、当然その国の意向はIMFの意思決定に強く反映されるでしょう。しかし実態はもっと悪い。と言いますのは、反映されているのはアメリカ全体の意向ではないのです。アメリカ全体の意向であったならまだ良かったのですが、実際に反映されてきたのはアメリカ財務省とウォール街の意向だったのです。

「スティグリッツ早稲田大学講義録~グローバリゼーション再考」 (光文社新書)p.82



IMFによる経済予測
「ギリシャ経済の先行きについてIMFが2010年に試算を出したが、その経済予測は現実のギリシャ経済の動向とは大きくかけ離れるものとなった。IMFの予測ではギリシャの実質GDPは2011年を境に上昇に転じるはずであった。現実にはギリシャ経済は落ち込みをつづけ、2013年には実質GDPが2008年時の76パーセントにまで減少した。」

以下はIMFではなくアメリカ合衆国政府のポストだが、アメリカの公的なポストが巨大企業に占有されていることは否定しようがない。

ヘンリー・ポールソン
1999年から証券会社ゴールドマン・サックスの会長兼最高経営責任者(CEO)を務め、2006年から2009年までジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領の下で財務長官を務めていた。

ロバート・ルービン
1990年にはゴールドマン・サックスの共同会長に就任
1993年、クリントン政権の発足と同時に経済政策担当大統領補佐官に任命されてホワイトハウス入り
1995年、第70代財務長官に就任。
財務長官退任後、1999年10月よりシティグループの経営執行委員会会長(1999年 - )。

ディック・チェイニー
1995年-2000年までハリバートン社のCEO
2000年の大統領選挙前にジョージ・W・ブッシュ(当時テキサス州知事)から副大統領候補を推薦してくれるように依頼され、そのまま自分を推薦して副大統領となった。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

保護主義は有益である ~ イギリスとインドの綿織物

イギリスの東インド会社に支配される前のインドは、世界最大の「綿織物」生産大国だった。……インド産キャラコは、イギリスに綿織物の「市場」を創り出したのである。……これを見たイギリスの企業家たちが、自国の綿織物市場の拡大を「ビジネスチャンス」としてとらえない方が不思議というものだ。当然、イギリスの企業家たちは「綿織物の自給」を目論み、自国でも拡大中の「綿織物の市場」におけるビジネス拡大を図った。そのためには、政府を動かし、インド産の綿製品流入を食い止める必要がある。というわけで、イギリス政府は1700年、染色キャラコの輸入を法律で制限した。露骨なまでの「保護主義」でインド製品を自国市場から締め出し、国内の綿製品の産業を育成しようとしたわけである。さらに、イギリス政府は1720年に、再輸出用を除く、全ての綿布の輸入を禁止。インド産キャラコから自国市場を保護した上で、国内で綿製品の生産性を高めるための技術開発投資が拡大した。いわゆる産業革命である。……イギリスの綿織物の「生産性」は劇的に向上した。そして、イギリスは機械で大量生産される(しかも、安価)自国製の綿製品を、インド市場になだれ込ませたのである。手工業による生産が続き、生産性が低いインド産キャラコは、全く太刀打ちできなかった。技術開発で生産性向上に成功したイギリス政府は、インドに「自由貿易」を要求。相手国の「関税自主権」を取り上げた上で、自国産の綿織物を大量に輸出していった。

以上、「亡国の農協改革」三橋貴明(飛鳥新社)p.79より

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

百田尚樹の護憲派平和主義批判 「カエルの楽園」




百田尚樹 の 「カエルの楽園」 が売れているらしい。「永遠のゼロ」は感動して映画館で見てDVDも買った俺だが、今回は原作本は買わない。G・オーウェルの「動物農場」は共産主義を批判したものだったが「カエル」は護憲派平和主義を批判したものだろう。

護憲バカ批判は結構だが彼らにつける薬はない。彼らが如何に愚かなのか「カエルの楽園」 を読んで気づく人が少しでも出てくればいいだろう。俺は読んでないが。
それはともかく橋下徹 を支持する 百田尚樹 は 自分が 改革バカ であることに気づくべきだろう。

国民のための民主主義が機能しなくなると 小泉純一郎 や 橋下徹 、ドナルド・トランプ みたいな政治家に有権者が熱狂しはじめる。戦前のドイツで起こったことが、今ふたたび起こりつつあることを 改革バカ の 百田尚樹 は気づいていないのだろう。
人の批判をしてる場合じゃないんだよ。

橋下徹 のゲスで攻撃的な弁舌と、ドナルドトランプ の差別主義的で攻撃的な弁舌。
彼らが支持される現象は私には興味深い。
日本でもアメリカでも経済的な停滞が起こり、その停滞からの脱出を政治が実現できないことが原因なのではないか?
改革バカ 百田尚樹 には理解できないだろう。





テーマ : 平和希求
ジャンル : 学問・文化・芸術

GDP基準改定、次は16年度 研究開発投資も計上



GDP基準改定、次は16年度 研究開発投資も計上
2015/9/21 1:30日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO91976040Q5A920C1NN1000/
 内閣府は国内総生産(GDP)統計の作成基準を5年に一度改定している。次の改定は2016年度。08年に改められた国際基準も取り込んで、GDP統計の精度を高めようとしている。

 次回の改定の柱となるのは企業の研究開発投資を投資として計上することだ。今の基準では経済的な利益を直接生み出す投資ではないとみなされ、計上されていない。

 13年に新しい国際基準に切り替えた米国では、02~12年の名目GDPの実額が3.0~3.6%増えた。14年に切り替えたドイツも10年のGDPが2.7%上振れした。

 内閣府の試算では、研究開発投資を算入することで01~12年の名目GDPは3%強膨らむ。国内の生産設備を増強する投資が伸びにくいなか、研究開発投資の重要度は増している。ただ、成長率に及ぼす影響はごくわずかだ。

 内閣府は今年1~3月期の統計から、それまで速報では公表していなかった民間企業の在庫投資の内訳を開示した。景気の変わり目では在庫の積み上がりや取り崩しが生じるため、数値が大きく変動する。民間調査機関の予測にも役立つとの指摘も出ている。

 各国ともGDP統計の精度向上に力を入れている。世界3位の経済規模を持つ日本も一段の改善努力が必要だ。

続きを読む

国会議員の皆様にお願いがあります。

女性宮家創設について

まことにお忙しいかと存じますが、私事では無く国家の重要案件ですので国会議員の皆様に是非とも目を通していただければと思います。

現在、女性宮家創設が頓挫しております。にもかかわらず、女性宮家創設の対案である「旧宮家子孫の皇籍取得」について対象者が確定すらしておりません。

このままでは近い将来皇室に悠仁様がお一人残されることになります。

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

IMFもインフラ投資の必要性を認めている。

IMF:各国はインフラ投資拡大を、鈍い成長回復押し上げで
2014/09/30 22:00 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NCP4QU6KLVRJ01.html

  9月30日(ブルームバーグ):国際通貨基金(IMF)は鈍い世界経済成長の押し上げに向け、各国にインフラ投資拡大を呼び掛けた。
IMFは30日に世界経済見通し(WEO)の分析部分の章を公表。その中で、金融政策が既に緩和的であることを考慮すれば、道路や橋などのインフラ投資の拡大が「成長支援で利用可能な数少ない残された政策手段の1つ」だとし、「どの経済においても中期的な生産の増大を助けるだろう」との見方を示した。
世界経済がIMF予測を下回る伸びにとどまる中で、政策当局者らは成長加速の道筋を探っている。IMFは10月10-12日にワシントンで開く年次総会に先立ち、同7日に最新のWEOを発表する。
IMFはまた、多くの先進国に依然「かなりの経済的たるみ」が見られると分析。ユーロ圏のインフレ率は依然低過ぎると指摘した。新興市場国の経済成長は金融危機に先立つ10年間の水準を下回っている。
このように予想を下回る実績を根拠に、世界的に需要の「低迷が長期化する」恐れがあると、サマーズ元米財務長官らが唱える「長期停滞」論を引用する形でIMFは説明した。
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁は今月オーストラリアのケアンズで開いた会議の共同声明で、「ばらつきがある」成長回復への懸念を表明した上で、需要拡大と成長加速にはインフラ投資が極めて重要になると表明した。

インフラ支出が効果

IMFは過去のデータを調べ、シミュレーションを用いてインフラ支出の効果を分析した。それによると、経済にたるみがあり、金融政策が緩和的であるなら支出増加が需要を大きく押し上げるということが分かった。この場合、投資は政府債務の対国内総生産(GDP)比率を低下させる可能性があるとしている。
またIMFはブラジルやインド、ロシア、南アフリカ共和国などの新興市場国では「インフラ投資を増やせないことが中期的な懸念材料であるばかりか、短期的な成長にも制約となると指摘されている」と説明した。
さらに新興市場国や低所得国がインフラ投資をより効率的に行わない限り、これら諸国の生産の伸びは多くの場合、限定的となる恐れがあるとIMFは分析。プロジェクトの評価を改善するなどの改革が必要になるかもしれないとしている。

原題:IMF Urges Infrastructure Spending to Boost Tepid Global Recovery(抜粋)

続きを読む

テーマ : 平和希求
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ソクラテス太郎

Author:ソクラテス太郎
アテナイ人諸君、こういう噂を撒きちらした、こういう連中がつまりわたしを訴えている手ごわい連中なのです。
そして、その連中というのは、嫉妬にかられて、中傷のために、諸君をあざむくような話をしていたわけなのであって、かれらのうちには、自分でもすっかりそう信じこんで、それを他人に説いているような者もあるわけなのですが、いずれもみな厄介至極な連中なのです。

http://twilog.org/nomorepropagand

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
相互リンク歓迎いたします。左翼の方も大歓迎です。
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR